« OOの鼓動 | トップページ | 答えは聞いてない »

2008/09/28

お前の空手を見せてやれ

Asc04277_2
ダーイモース!

Asc04335
超合金魂・GX-43、闘将ダイモス
1970年代後期のロボット大河ドラマ(ロマンスアニメとも言われた)の主役メカが、30年の時を経て、超合金魂となって帰ってきました。

Asc04334
主題歌にも歌われている空手のロボですから、それを再現するため、可動範囲はかなり広く取られています。肘は120度ほど曲げられ、股関節も引き出し式で大きく前に踏み出すことができます。
また、豊富な格闘専用武器も、遊びきれないほどたっぷり付属します。

Asc04341
まずは、スネークロックとチェーンシャーク。
相手の動きを封じるのは格闘の基本ですね。

Asc04342
あの声が脳裏に蘇りそうな三竜棍。

Asc04339
トンファーを意識したバトルブレイク(左手)。
右手の剣は、脚部の部品を取り外して装着させています。放映当時のDX超合金と同じ仕様なのですが、何故か説明書に記載がないので、どうも正式に認可された遊び方ではないようです。試される場合は自己責任でお願いいたします。

Asc04343
ダイモシャフト。昔のロボットって、薙刀装備の連中が多かったですね。

Asc04345
胸部を反転して現れるダブルブリザード。
パーツの交換で、ファイヤーブリザードもできます。

他にも、双竜剣にファイブシューター、ダイモミサイルやフットカッターなど、豪勢な武器がずらりと付いてきます。もうホントにお腹一杯。

さて、ダイモスのもう一つの魅力として、その変形シークエンスがあります。

Asc04328
ダイモスは、トレーラー形態・トランザーの状態で発進し、戦闘時には変形(バトルターン)し、格闘形態になります。
超合金魂でもそれは再現されていますが、変形前後のプロポーションを保つために、当時の玩具(そして映像上の表現)とは、変形の過程がかなり異なっています。

Asc04316
せっかくですから、どのくらい違うか比較してみましょう。
写真は、上が放映当時のDX超合金、下が今回の超合金魂版です。

Asc04319
Asc04320
コックピットとなるトライパー75Sが、トランザー後方に収納される「ジャスティーン!」の状態はほとんど同じ。
当時のDX超合金では、トライパーは「入るだけ」で、ダイモスになると落っこちてしまった(笑)のですが、魂版ではきちんと収納され、そのブロックごと左脚に移動します。

Asc04321 Asc04322
トランザー全部のカバーが展開するあたりまでは、ほとんど同じです。

Asc04323Asc04324
DX超合金だと、その後足を伸ばして部品を付けたらおしまい、なのですが。

Asc04329
魂版は、胸カバーをも開けて、トランザーのキャビン部と頭部を反転させます。

Asc04330

Asc04331
その後、トランザー後部に収納されていた両腕を展開し、肩に接続、トランザーの中央カバーを回して脚部に畳みます。

Asc04288
地球の守護神の完成。

変形過程が全く異なるため、当時の変形シークエンスの興奮を味わうという点では、少々物足りないかも知れません。しかし、変形前後でプロポーションが見事に保たれ、しかも「格好いい」ダイモスで遊べるのですから、これはこれで実に素晴らしい「玩具」だと思います。

Asc04303
2つを並べてみると、もう別物。

ところで、写真左側のDX超合金、当時の定価がいくらだったかご存じでしょうか。
実は3500円です。30年前のこととはいえ、まさに隔世の感がありますね。

私も放映当時は買うことができず、10年後くらいに、人形劇団のアルバイトで巡業していた旅先(^^;)で発見しました。お金の持ち合わせがなかったので、友人から借りて買った記憶があります。F君、元気かな・・・。

|

« OOの鼓動 | トップページ | 答えは聞いてない »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> 当時モノがひょっこり横に並ぶところがGearGearさんのすごいところですね。

いやぁ、これに関しては、ちょっと前に発掘した時に「絶対に魂版と並べたい」と思って、ずっと部屋に残してあったもので。
しかし、並べるとまた・・・いろんな意味で時の流れを・・・。

> こうしてみると、ある意味昔のモノのほうが原作に忠実な変形を再現!?

変形シチュエーションに関しては、確かにDX超合金の方が、映像に忠実です。もっとも、それが格好いいかどうかは別の話で(^^;)。

> 魂版でもトランザー通路のカーブは再現できなかったかぁ…。

魂版は、キャビン部が左右に曲がらない(つまり、ハンドルが切れない)ので、直進しかできません。まぁ、タイヤ部分だけ回せるので、トランザーが前を向いたまま曲がる(?)ことはできますが。
DX超合金だと、頭部が伸びてキャビン部がある程度自由になるギミックがあるので、トレーラーとしての遊びはそっちの方が上で・・・難しいところですね。

投稿: 腰原仁志 | 2008/10/01 01:12

比べてみましょう…って、当時モノがひょっこり横に並ぶところがGearGearさんのすごいところですね。
こうしてみると、ある意味昔のモノのほうが原作に忠実な変形を再現!?
なんか、色合いもガンメタの配色が男心をくすぐりますね~。
魂版でもトランザー通路のカーブは再現できなかったかぁ…。

投稿: う | 2008/09/30 21:33

>> お前の空手を見せてやれ
> って言ってますが、武器をもったら空手ではフンッガフッフ…。

だーいじょうぶ、武器どころか、機銃やミサイルも内蔵してますからこの旦那。
勝ちゃいいんだ勝ちゃ(おい)。

> 遊んでいて肩がポロンとはならないのですか?

胸カバーを閉めると、そのピンで肩の接続部品も留まるようになっているので大丈夫です。よく考えられてますわ。

> やはりいい思い出は、いい思い出として記憶していた方がよかったんですね。

なんせ30年前ですからね。そりゃあ今の目から見たら、アレなところもありますって。
でも、わざと放蕩を演じる敵とか、アイザロン粒子を巡る展開とか、ドラマは凝っていましたねぇ。あの当時でも。

> ところで、先日のメッキ版ゲッター1は、いいですね。

そうなんですよ。見てこう、ビビッと電気が走るアイテムというのはなかなかないのですが、あれは来ましたね。ある特定以上の年齢に限るかも知れませんけど(^^;)。

> お~昔の合金、腰のシールが残ってる。
> 私なんか即行剥がしましたが今となってはやるんじゃあ無かったと……

私も、子供の頃買っていたらまず剥がしていたでしょう。分別の付く大人でよかった。って、分別の付く大人は、そんなもの巡業先で買わないか(笑)。

> 空手は武器を使ってはいけないって書いてますが、空手の元となった「唐手」または琉球空手では武器の使用が認められているそうです。

そう言えば、「花の慶次」の琉球編でそれを見たような覚えが。(知識は全部マンガからかい>俺)

> 双竜剣は胸のカバーで2つ出来そうですね!
> 昔のは一個なんですよね。

はい、昔のものは胸カバーそのものをそのまま双竜剣の握りに使っていたのですが、魂版では、専用の持ち手が付いたもの(劇中通りに、カバーが上下に分かれた形になっているもの)が付属します。

> 子供のとき変形しない超合金と
> タイマニック2号を誕生日のプレゼントに> もらったことを思い出しました。

それは、もの凄く良い事じゃないですか?
特に、ダイモスのスタンダード超合金は、DXよりよっぽど出来が良げふんげふん。

投稿: 腰原仁志 | 2008/09/29 21:24

おおお!
ワタクシも注文したのですが
いまだ届かずです。

トライパーはやっぱり大丈夫ですか
良かった良かった(何がだ)

双竜剣は胸のカバーで2つ出来そうですね!
昔のは一個なんですよね。

子供のとき変形しない超合金と
タイマニック2号を誕生日のプレゼントにもらったことを思い出しました。

投稿: Tatan | 2008/09/29 18:45

空手は武器を使ってはいけないって書いてますが、空手の元となった「唐手」または琉球空手では武器の使用が認められているそうです。

投稿: スパイク | 2008/09/28 16:56

お~昔の合金、腰のシールが残ってる。
私なんか即行剥がしましたが今となってはやるんじゃあ無かったと……

と思ったら有る程度大人になってからの入手ですか♪


私は長浜ロマンはダイモス以外は完全に見てるんですが、なぜか超合金は永井系を買ってましたね。

投稿: MUF | 2008/09/28 16:33

ついに出ましたか。本放送当時、DX超合金は買わず(買えず?)、魂版が発売されると知って以来、なんだかずっと気になっていたアイテムです。どうしようかなあ、買おうかな、すごく迷ってます(実はダイモスというロボット自体には、コンブイ、ボルテスほどの思い入れが無い・・・むしろ、DX超合金自体に買えなかったという意味で思い入れが強い)。先月のエルガイム同様、店頭で出くわしたときの気分で衝動的にレジに走るかもしれません。ところで、先日のメッキ版ゲッター1は、いいですね。実は私が生まれて初めて買ってもらった超合金が、あれのオリジンだったんで。ほしいなあ、アレ。できればトマホークがこぶしからばねで飛び出すギミックも復刻していただきたかった(笑)
 

投稿: 光明寺雅人 | 2008/09/28 10:08

・・・以前、CSかなにかでダイモスのDVDBOX(かな?)のCMを妻が見て
”え~、ショック~!!”と嘆いていたので、聴いてみると・・・・・
やはりいい思い出は、いい思い出として記憶していた方がよかったんですね。
当時わからなかったアラ(絵柄やダイモスのデザイン(”箱”といってました)等々)が見えてしまったそうです。
以来彼女のトラウマになってしまったようです(笑)

それはさておき、
>せっかくですから、どのくらい違うか比較してみましょう。
・・・・・・やはり、お持ちでしたか。
腰原さんの保管能力の高さには感服するばかりです(笑)

DX超合金は・・・なんかバビル2世にでてくる敵方ロボットみたいですね、やたら頭でかいし(笑)

魂版の変形過程を見ると、どうしてもTF(ギゴガゴ)に見えちゃうのは私だけデスカ?

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/09/28 09:39

> お前の空手を見せてやれ
って言ってますが、武器をもったら空手ではフンッガフッフ…。

しかし、両腕の展開接続は斬新な構造ですね。
遊んでいて肩がポロンとはならないのですか?

投稿: 虹脳 | 2008/09/28 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/42617549

この記事へのトラックバック一覧です: お前の空手を見せてやれ:

« OOの鼓動 | トップページ | 答えは聞いてない »