« ヒメハルゼミのなく頃に | トップページ | MAY DAY,MAY DAY »

2008/08/28

最古のロボット

Asc04022
・・・ではなくって、「さいこロボット」。マグネボディコンボックです。

かつて「おはスタ」内で放映されていたアニメ、「さいこロボット・コンボック」のアイテムですが、先日のクイズ記事のために発掘したところ、何だか妙に面白かったので、あらためて記事を新設しました。アニメ本編はサッパリ覚えていませんが。

Asc04037
玩具としてはその名の通り、全身が磁石で構成され、思いっきりバラバラになります。
ボディとサイコロ型のパーツ、頭部と足首は、おのおのに使用されている強力な磁石で合体し、様々な形に組み替えることができます。
「もしも本当に、全身が磁石関節で構成されている鋼鉄ジーグの玩具があったら・・・
という妄想を、現実にしてしまったようなものです。

パーツを合体させる時の、何とも言えない気持ち良さは、磁石玩具の最大の魅力です。特にこのコンボックは、パーツが大小あるというものの、ほぼ同じ形のものがくっついて全然違う形にできるというのがかなり面白く、つい何度も組み変えて遊んでしまいます。


しかし、説明書に記載されている「組み替え例」というのは・・・。

Asc04036
カラフルでそれなりに見栄えがするのですが、

「だから・・・何?(^^;)」

という言葉が頭をもたげざるを得ません。
何でこんな、ヘンテコな(良く分からない)メカにしなければいけないのでしょう。
もうちょっとやりようがあると思うのですが。

というわけで、私とマブがガチャガチャと組み立てたのが・・・。

Asc04028
こちら。(もちろん、オフィシャルではありません)
このくらい、見た目を変えてくれた方が面白かったと思うのですけどね。

Asc04062
サイズ比較用の神姫さんと。
関節用の黒いパーツは外しています。この方が、各パーツの合いは格段に良くなり、純粋に磁石合体を楽しめます。

というわけで、ちょっと前の玩具ですが、私とマブは日曜日の午後ずっと遊んでいました。
磁石が強力なので、精密機器やパソコンのそばに近づけられないのが難点ですが、今でも十二分に楽しめる、隠れた佳作です。
組み替え例さえ、もう少し面白ければ、もっとヒットしたんじゃないかと思うのですが・・・。

|

« ヒメハルゼミのなく頃に | トップページ | MAY DAY,MAY DAY »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

> えっ?私、息子の電王ベルト巻いて遊んでますよ。

なんて羨ましい!子供ベルト巻けるというだけで人生勝ち組ですよ(何が)。
私は、延長パーツなしではどれも遊べません。あと4cmくらいなんだけどなぁ。

投稿: 腰原仁志 | 2008/08/31 16:42

えっ?私、息子の電王ベルト巻いて遊んでますよ。って…痩せすぎ(笑)。

投稿: 九太郎 | 2008/08/30 10:48

> ガンツ先生に見えますな♪

そのほうが適切かもしれませんウララ~。

> 仮面ライダーの復刻ベルト2980円という事は子ども用ですよねたぶん。

またえらい安いですよね。
前、ファイズやV3のベルト(廉価版)が出ていましたが、あのタイプなのかもしれません。
お手ごろ価格なのは良いんですが、あれ、どうやっても大人は巻けないんだよなぁ(巻くつもりだったのか)。

投稿: 腰原仁志 | 2008/08/30 04:03

>というわけで、私とマブがガチャガチャと組み立てたのが・・・。
「がんばれ…」というか、むしろ体形等シルエット的にはソレに出てくるガンツ先生に見えますな♪

それはそうとサイコロボットでオモッチャマと調べソフトバンクの携帯に行き、たどり着いた横道が下w
ttp://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080827mog00m200032000c.html
仮面ライダーの復刻ベルト2980円という事は子ども用ですよねたぶん。

投稿: MUF | 2008/08/28 04:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/42294550

この記事へのトラックバック一覧です: 最古のロボット:

« ヒメハルゼミのなく頃に | トップページ | MAY DAY,MAY DAY »