« 真実の司令官 | トップページ | 一人でドガバキ »

2008/05/31

ANIMATED!

Asc03612_2
『ANIMATED』というからには、こんな絵なんですか?
わかりません!

Asc03596
海の向こうでは、新作トランスフォーマーのアニメーション・・・というよりカートゥーンと言った方が近いのか?・・・が放映されているそうです。
それがTRANSFORMERS・ANIMATED(トランスフォーマー アニメイテッド)
縁あって、私も玩具をいくつか手に入れることができましたが、本編のアニメは全く見たことがありません。的はずれなことを申し上げていたら、ツッコんで下さい。

Asc03601
まずはバルクヘッド(Bulkhead)。
ズングリムックリな身体が非常に愛らしい、オートボッツ(サイバトロン)の戦士です。
腕のスイッチによって、右のバズソーが回転、左の爪が開閉します。
また胸の赤いマークを押すと、ライトの点灯と共にいくつかの台詞を喋り立てますが、その際には頭のひさしと顎のカバーが連動し、目を見開いて顎をモグモグさせるような動きを見せます。
おそらく、アニメとして表現する際に「彼が喋っていることを明らかにさせる」事が目的なのでしょう。

Asc03605
もちろんトランスフォーマーですから、彼もきちんと変形します。
軍用色の戦闘トラックになっても、やっぱりズングリムックリで可愛らしい。
何か妙に気に入ってしまいました。

Asc03602
またオプションとして、アニメ本編で悪人にヘッド・オンされてしまった頭部・・・ヘッドマスターシステム(!)も付属。これを装備すると、音声とライトの色も変化するという凝りようです。

変形パターンはシンプルですが結構面白く、いろんな遊び方ができます。

Asc03603
ガンダムOOのティエレンみたいな
「フライトユニット展開中」ごっこ、とか。

Asc03607
新造人間キャシャーンに出てきそうな
「ツメノコロボ」ごっこ、とか。

ヒーロー体型とはほど遠い彼ですが、だからでしょうか、ごつい顔の割には非常に愛嬌があり、私もマブもお気に入りの一人です。

Asc03616
続いてはディセプティコンズ(デストロン)のリーダー、メガトロン。これはセイバートロンモードと呼ばれる、復活前の姿だそうです。
今までのメガトロンとは一線を画す、スタイリッシュでアニメ的(いやアニメだけど)なプロポーションは、素直に格好いいです。スーパーロボット大戦OGとか、宇宙の騎士テッカマンブレードとかに出てきても、違和感ないような。

Asc03610
右腕にはお約束の巨大銃を装備、ミサイルを発射できます。
また、銃後部の赤い翼状のものは、片方を銃本体に回り込むように回転させると、もう片方が連動して垂直に跳ね上がり、両方で巨大な剣を形成するという、一見の価値があるギミックを備えています。

Asc03608
変形後は・・・なんだコレ(^^;)・・・。
どうも、セイバートロン星の戦闘機のようです。
しかしこちらも、肩を回すと連動して頭部が起きあがったり、自動的に胸の装甲が閉まったり、玩具としての楽しさは十二分。

Asc03609
メリハリのついたプロポーションは、我々日本人から見ても、かなりイケてる部類に入ると思います。海の向こうだけなどと言わないで、ぜひ、こちらでも放送(そして玩具販売)してもらいたいものです。

Asc03617
まぁ、顔だけはちょっと日本向きでない・・・気がしますが。
どうなんでしょう、そこんところ。教えてえらいひと。

|

« 真実の司令官 | トップページ | 一人でドガバキ »

それでこそ勇者だ」カテゴリの記事

コメント

> 工場流出品は本気で調整段階の場合、変形自体に問題があります。

なるほど。やっぱり最終的にGOが出るまでのモノというのは、さすがにいろいろあるんですね。
#最終的に店に並んでも、色々あるモノもありますが(^^;)。

(animatedコンボイの)
> まぁアゴですが。うんアゴ。

パンフレットに顔が載ってたんですが・・・。
凄いなぁコレ。最初、首かと思いましたよソコ。

> 劇場公開時期に合わせて玩具販売するためにデザインがまだ不完全な状態で玩具開発がスタートしているのもまた理由です。

広い意味でのタイアップ・・・まぁ今の玩具はほとんどそうですが・・・は大変なんですね。準備に時間がかかればかかるほど。

>>『デバステイター』
> あれは実はハスブロ、タカラトミーの両方にとっても『謎』です。

そうだったんですか。何が何だか分からないうちに、結局落ち着いてしまうことってあるんですね。
しかし、どうして誰も直そうとしなかったんでしょうかね。誰かが直すと(お互いに)思ってたのかなぁ。日本人の譲り合いの精神が伝わったのか(知らんて)。

投稿: 腰原仁志 | 2008/06/02 22:04

休み=睡眠の連鎖から抜け出したい今日この頃。
……つーか起きたら夜って俺にどうしろとorz

こんばんわていむですッ!
もうすぐ来る海外通販TFを今か今かと待ちわびてみたり。でも今手に持ってるのはBWⅡガルバトロンとロボマスのライオコンボイですが何かッ!(何故喧嘩腰?)

んー、正規販売は確かに6月以降ですが、日本の通販ショップでも結構アニメイテッドは入荷多いのでそんなにピリピリするのもどうかしら。
……ジャンクで買ったアルマダホイスト(マイ伝グラップS)の腕に謎の形式番号があるのがミステリアスだな俺の家。
工場流出品は本気で調整段階の場合、変形自体に問題があります。ラチェットの位置が左右でずれてたり、自立できる位置で固定できなかったりなど。深刻ですよ?

デラックスのアニメイテッド版コンボイ持ってますが腰細いです。つーかコンボイトレーラーのキャブがウォーイズイン版の変形プロセスを持っているのはまさに驚愕。
まぁアゴですが。うんアゴ。

あー、劇場オプのバトル版やら名前に関してですが、また違う事情もあるんでチョイ補足をば。
>『情報規制』
バンブルビーのバトルモードとかそうですかね。
でも実際のデザインと違う、というものの場合は
1.玩具販売用に提出された後、リテイクがあった。
2.諸事情(似た作品との差別化とか)により変更があった
など。彩色の違いとかなら昭和アニメでゴロゴロいますな。
玩具メーカー側の要望でホワイトベースが白基調になったとか有名な話ですし。
劇場公開時期に合わせて玩具販売するためにデザインがまだ不完全な状態で玩具開発がスタートしているのもまた理由です。
……アニメと玩具がかけらも似ていないビーストマシーンズ初期玩具とかなorz。

>『デバステイター』
あれは実はハスブロ、タカラトミーの両方にとっても『謎』です。キャラクター自体は(玩具としては)ブロウルのまま。
劇場公開時に何故か翻訳サイドで「デバステイター」になっていて、DVDで直るかと思ったらそのままだったというエピソードが玩具雑誌などで載るという珍事に。
……劇場第二弾でデバスター出るらしいのに、どうするんでしょうねぇ。またビルドロンかしら?

TFの名前に関するネタは色々複雑なので止めときます。ユニクロン三部作の時は外人さんが日本展開に嫉妬したそうですし。

『アニメイテッド、動きが生き生きしてていいんだよなぁ』ていむ

投稿: ていむ | 2008/06/02 03:29

> 劇場版のオプティマスがああいった仕様になったのには玩具からの映画のバレが出るからでした

なるほど!そう伺うと、すべて納得できますね。
映画やったら玩具出してくれなきゃつまらないし、そのためにはかなり前から作らなきゃいけないし、だからといってネタバレされたら・・・。
まさに「オトナの事情」が絡み合って、ああなってしまうんですね。
「仮の名前」にも、ちゃんと理由があったとは。

> 早売りに関してはオリンピックでの生産の前倒しもあるのでしょう・・・

そうですよね。そう考えると、玩具といえども、世界情勢にもの凄く影響されているわけですね。うーむ。経済新聞読まなきゃなぁ(笑)。

いろいろありがとうございました。おかげで、かなりスッキリ理解できました(^^)。

投稿: 腰原仁志 | 2008/06/01 03:58

前の記事で触れるべきでしたが、劇場版のオプティマスがああいった仕様になったのには
玩具からの映画のバレが出るからでした
どんな大国でも結局作るのは中国ですから、工場からの試作品流出
パッケージ無しでebayで発売前のサンプルが出品される現実です
映画と同時期に発売にするには情報は有る程度流さなくてはならない
けれど玩具で出る以上、劇場登場キャラのネタバレにはなってしまうという
どこまで情報規制するか色々とジレンマは有ったに違い有りません・・・
他にブロウル(戦車)が劇場では「デバステイター」と名乗っていた事から
だいたいの事情は察する事が出来るかと・・・

早売りに関してはオリンピックでの生産の前倒しもあるのでしょう・・・殆どの品物が
9月に集中してますし・・・もう一気に破産させるのか!?と思わせるほどに
生産側、製作側共に思惑はあると思いますがね
お手数をおかけします(_ _)

投稿: 冥土 | 2008/05/31 22:01

> ウルトラクラスのバルクヘッドは8月発売の品です。

検索したところ、確かにバルクヘッドのリーダクラスの発売は、もっと後のようですね。
何だろコレ?(^^;)
メガトロン様は、販売店直送だそうなので、まぁそういうこともあるか・・・?という気もするのですが。

というわけで念のため、バルクヘッドの記事はいったん削除いたしました。ご指摘ありがとうございます。
不憫な子だなぁ、バルやん(^^;)。

投稿: 腰原仁志 | 2008/05/31 20:19

セイバートロンメガトロンは実際はもっとカッコ良いジェットですね
アースモードではツインローターのヘリコプターですが
玩具の正式な発売は6月、ウルトラクラスのバルクヘッドは8月発売の品です。
今の物だと工場流出品扱いなのでお気をつけて・・・

投稿: 冥土 | 2008/05/31 18:03

・・・さぁて、社長は今日はもう帰ってこないと言うことなので、コメコメっと。

・・・メガトロン様の顔のアップ・・・どっかで観たと思ったら・・・吉本新喜劇の辻本アゴ造・・・もとい辻本茂雄さんにソックリに見えました(辻本さんはwikiで調べてね)
・・・そう思っていると、バルクヘッドくんが、「う~んジョージショック」の同じく新喜劇の島木譲二さんにソックリ・・・かなぁ(島木さんもwiki(以下略))
・・・・・・・・・相当 病んでるのでしょうか?私(笑)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/05/31 14:13

何ともカーテゥーンスタイルですね。

緑の奴はデストロンかと思ったらサイバトロンなんですね。日本と違って線引きが難しいです。

我等がメガトロン様、ガンダム顔で凛々しいです。アップで観たら・・・ちょっ・・ええぇっ!?

小顔なんですが、ちょっとずれてる、丁度ガンダムのVアンテナあたりに顔がある、これではゼイラムぢゃないですか、麻呂眉毛が一層ゼイラムっぽくさせてますね。これはこれでありかも。

投稿: もっさん | 2008/05/31 11:48

20年チョイ前に初代トランスフォーマーを見てた世代としては、「こんなんTFぢゃないやい!」って感想がまず出ちゃいますねぇ(苦笑
でも、この作品を見て楽しんでる子供がいればそれで良いのか・・・とも思います。
懐古の念に囚われず、アグレッシブなオタクでありたいものですw

投稿: K | 2008/05/31 02:49

いやー手広いですね。


しかしながら、この作品、今までのような3DCGと考えていたら度肝抜かれますよ。
仰られる通り、完全にカートゥーンです。

しかも、最新版のバットマンのクリエーター陣が参入しているのではないかというほどの出来でした。

…かなりジャパニメーションの影響を受けているんですね。と思ったら、アニメ製作は日本の様子…なして?


見た限り、レビューの二つは玩具はそっくりですよ。
でも、あのオプティマスはどうだろー…腰細すぎなんです。再現するのでしょうーか。

出来たらびっくりです。

自分的に気になるのは「アゴ」でしょうか。
しゃーんなろー…と言ってみたくなったり。

投稿: 弐々 師走 | 2008/05/31 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/41374636

この記事へのトラックバック一覧です: ANIMATED!:

« 真実の司令官 | トップページ | 一人でドガバキ »