« ホトトギスのなく頃に | トップページ | フェード・イン! »

2008/04/23

ドリルはお前の魂だ!

Asc03349

Asc03344
グレートインパクトモデル・天元突破グレンラガン
以前紹介したインパクトモデルよりも、一回り大きい製品です。
全身はかなりの部分がダイキャスト製で、ずっしりした手ごたえと重量感、そして美しいメタルレッドの塗装がたまりません。

Asc03347
Asc03342

シリーズ名の通り、インパクトモデルの出来の良さをそのまま引き継いでおり、可動部は非常に広く、バキバキ動かせます。
ひじ・膝・足首の引き出し式二重関節に加え、胸にも引き上げ式の関節があるので、グレンの胸の顔にも表情が付けられ、口(?)を思い切り開いたポーズも取れます。

Asc03353
胸のブーメランは、お約束通りに取り外せ、投げつけるポーズもできますが、それとは別に大型ブーメランも2個付属します。
これで「ギガドリル・ブレイク」も、脳内再生可能。

話がずれますが、シモンの
「ギ~~ガ~~ド~~リ~~ル~~~~~
 ブレイク!」

の声が、何故か非常に好きなのは、私だけでしょうかね。

Asc03348
背部に装備可能なグレンウィングは、翼自体にも2箇所のヒンジが設けられ、折り畳み状態を再現できます。

そして、グレンラガンと言えば、やっぱり・・・。

Asc03355
漢(おとこ)のドリル。
両手首に装備できるのはもちろん・・・。

Asc03358
驚愕のフルドリライズ形態も再現。
全身に、大小合わせて4種類、33本ものドリルを取り付けると完成です。

触ると結構痛いし、フルドリライズのままポーズを変えようとすると非常に危ないので、ある程度ポーズを決めてから、黙々とドリルを差し込んで行くと・・・。
そのうちにだんだん、自分が何をしているのか分からなくなってきます(笑)。

Asc03359
そして、一番嬉しい付属品は、この1/1コアドリル。
中に金属部品を使っているのでかなり重く、螺旋の魂を感じる・・・ような気がします。

Asc03350
グレンラガンは、私の住んでいる地域では放送していなかったので、遅ればせながらようやく先日見終わったのですが・・・。

リアルタイムで見たかった。燃えたかった。泣きたかった。

と思わせてくれた、希有な番組でした。
第1話を見た時には、まさかシモンがあんな凄い漢になるとは、全く想像していませんでしたからね・・・。

|

« ホトトギスのなく頃に | トップページ | フェード・イン! »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> 第一話の冒頭シーンはブータがアンチスパイラルに精神攻撃喰らった時に見てた夢

あそこは個別に泣けるシーンでした。
ビラルの儚い幸せに自ら背を向けるところとか。
何より、普通のアニメだったら「昔死んだアニキ」が助けてくれるところを、「みんなの胸に今も生きているアニキ(つまりは自分自身の心)」が救ってくれる、というところでもう涙ダダモレ。

> 第1話冒頭シーンは今のところ『つかみ』説が有力でしょうか?

まぁ確かに、その後何回かはギャートルズかザブングルか、みたいなしぶとい現地人の物語でしたからね。まさか数年で銀河の果てまで行くとは・・・。

個人的には、冒頭のシーンは劇場版に取って置いたと言って欲しいところですが、さて。

投稿: 腰原仁志 | 2008/05/01 22:22

第1話冒頭シーンは今のところ『つかみ』説が有力でしょうか?

「これから始まるアニメはこんな風になるんですよ~」と暗に説明しないと某ガイナアニメーター様の様に…

「俺たちはこれからギャートルズをつくるのか?」と訝しがりますからw


まあ真実は監督と脚本家の頭の中という事かな、別件でそのことに関しての質問がありましたが考えてなかったのか劇場に絡ませるためなのか微妙にはぐらかしてましたから。

投稿: MUF | 2008/05/01 19:38

第一話の冒頭シーンはブータがアンチスパイラルに精神攻撃喰らった時に見てた夢って話をどっかで聞いた事がありますが、真偽の程は不明(^^;

投稿: BAG | 2008/05/01 01:34

> しかし天元突破グレンラガンをどこかで出さないものかとw

「天元突破」って、てっきり普通に「機動戦士」みたいな冠タイトルだと思っていたのに、本当にそういう「種類の」グレンラガンが出てきたのにはビックリしました。

> 最後の戦いで銀河に隠れて脚本の中島さんにいい意味での失笑をかったといういわくつきの♪

銀河に隠れて狙撃するヤツ、銀河引っぺがして丸めて球にするヤツ・・・。
そこにいた生命は、たまったもんじゃありませんね(笑)。

> 昨今の世間を見ると鉄拳制裁したくなる場面が多すぎ。

「歯ぁ食いしばれぇぇぇっ!」
暴力はいかんのは百も承知ですが、殴った方が真っ当な場合があるのもまた事実。

> 作中で出てきても、再現するのに限界のあるドリルの表現が多かったグレンですから、これが精一杯なのかな。

たぶんね、これよりドリルが長いと、それ自体がジャマをして他のドリルを差し込めないんじゃないかと思います(笑)。

> ふと、思うのは出来ればラガンの顔で大口開けている表情パーツがあれば、尚表現豊かにできたのかなーという点です。

私もそれは思いました。別の表情パーツは欲しかったですね。これだけ良くやってくれたアイテムなだけに。

> 一話のシモン、あのタイトルコールの前の『謎の大人シモン』とその後に出てきた少年シモンが同一人物に見えない見えない。

(多分)アークグレンの艦橋に、ロシウが副官としてシモンに付いていたので、やっぱり本編ではなかったのでしょう。

> ぶっちゃけ第六話『てめぇら全員湯あたりしやがれ!』完成版の『見てぇもんは見てぇんだ!』を見たのかどうかw

私が見たのは「湯あたり」なので、今度「見てぇ」方も見ようかと。というか買っても良いかと。
湯あたりバージョンだと、なんで兄貴があんなに怒っていたのか良く分からなかったのですが、・・・多分見たかったんだろうなぁ(笑)。

> 後一体分かりませんが、流れで行くとエンキドゥ(エンキにアイスラッガー付いたアレ)かなー。

アークグレンにしてくれませんかねー。
出なきゃ、完全変形、ブロックで作っちゃうぞー。

> PS 腰原様ー、本体のみで良かったらウチで余ってるCLASSICSコンボイとメガトロンお譲りしますよー♪

ありがとうございます。
「頂けるものは、お礼を言って頂いておけ!」
というのがうちの家訓なので(半ば本当)、もし差し支えなければ何でも頂きます(全く遠慮なし)。またご連絡下さい。

投稿: 腰原仁志 | 2008/04/25 22:01

一話のシモン、あのタイトルコールの前の『謎の大人シモン』とその後に出てきた少年シモンが同一人物に見えない見えない。

アレはきっとアナザーな「天元突破グレンラガン」なんだなーと思うことに。

ご覧になられたとのことですが、DVDなのか再放送なのかで気になる部分がまぁ色々と。

ぶっちゃけ第六話『てめぇら全員湯あたりしやがれ!』完成版の『見てぇもんは見てぇんだ!』を見たのかどうかw

そうそう、タイトルの「天元突破」は『ど真ん中をブチ抜く』という意味だそうですよ?
今月発売の電撃大王のイラスト(先月も載ってたんですが)の『グレンラガンの頭部ハッチ開放で腕組するシモン』がベラボーに格好良くてドッキドキ。
レジに持っていくか2分くらい悩んだけれど、月末発売分があるから諦めたチキンな俺を叱ってアニキ!

お前が読むなら俺も読む!(マンガ)
俺が見なくてお前が見るかぁ?(DVD)
お前借りなきゃ俺借りる!(レンタル)
俺も買うからお前も買えよ!(おもちゃ)

そんな感じでしょうか?(絶対違う)

第11話「シモン、手をどけて」の『ギガドリル、ブレイク!』はシモンの中のヒトが「ここ、力込めました!」って言うほどのシーンだったそうですよー。
「シモンは口下手、でもカッコイイ」というキャラクターで作られているそうな。
だから同じ話の『アニキは死んだ!もういない!』に続く口上が支離滅裂なのも「コレがシモンだから」というw

キャラクターに関しても「単純。バカ。でも良い奴等」で作っているそうです。
ニアの境遇を聞いて怒ったり、あっさり騙されるキタンがいたり。
難しいものではなく、楽しいものを作るという基本コンセプトは嬉しい限り。

……そういえば、ギガドリルブレイクを再現してるのって今のところ壽屋だけ?
あのペーパークラフトを大量印刷すれば、マキシマムも夢じゃない!

とりあえず5月から始まるリボルテック・グレンラガン6ヶ月(七月のみDMC祭でお休み)リリースに期待大!
5月 グレンラガン
6月 ラセンガン(+グレンウイング基部)
以降 エンキ(+グレンウイング羽根)・グレンラガン フルドリライズ 天元突破グレンラガン
後一体分かりませんが、流れで行くとエンキドゥ(エンキにアイスラッガー付いたアレ)かなー。エンキもあればエンキドゥドゥ(螺旋城で出てきた四本腕のエンキ)に出来るとか。
グラパールをショップ限定で3体とも出して欲しい俺参上。

しかしアレですよ。こんなドリルをうっかり無くしそうなモン、怖くて買えないッスorz

「天元突破グレンラガン、製作発表時のコメントは『ドリル!そしてグラサン!キャラもロボットも!』でしたっけね」ていむ

PS 腰原様ー、本体のみで良かったらウチで余ってるCLASSICSコンボイとメガトロンお譲りしますよー♪

投稿: ていむ | 2008/04/25 04:17

>グレンラガンは、私の住んでいる地域では放送していなかったので…

いかんですね。本当にこうした放送で差異が出来るのはイカンと思うのですよ。
放送局のお馬鹿ーっ!


案外、考えさせられる番組であったなぁと言うのがグレンの感想であったりしました。
今でも考えさせられます。昨今の世間を見ると鉄拳制裁したくなる場面が多すぎ。


ドリルが痛いって安全対策的には珍しいですけど、考えてみればドリルは痛いですね。ハリネズミのようにしていれば当然ですよねぇ。
作中で出てきても、再現するのに限界のあるドリルの表現が多かったグレンですから、これが精一杯なのかな。
ギガドリルブレイクやギガドリルマキシムとか。保持するのが大変になるだけか~。

ふと、思うのは出来ればラガンの顔で大口開けている表情パーツがあれば、尚表現豊かにできたのかなーという点です。
別売りで発売してくれないでしょうかね。無理かな。

投稿: 弐々 師走 | 2008/04/24 21:13

見終わったですか・・・

しからば微妙な物を送り付けますわ♪


しかし天元突破グレンラガンをどこかで出さないものかとw

あ~『天元突破』は最後に出てきてアンチ=スパイラルと戦った銀河系より5倍程度大きいやつですよw
最後の戦いで銀河に隠れて脚本の中島さんにいい意味での失笑をかったといういわくつきの♪

投稿: MUF | 2008/04/24 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/40973870

この記事へのトラックバック一覧です: ドリルはお前の魂だ!:

« ホトトギスのなく頃に | トップページ | フェード・イン! »