« 魂ネイション2008・承 | トップページ | 魂ネイション2008・結 »

2008/03/22

魂ネイション2008・転

Asc03137
引き続き、魂ネイション2008の会場から、「S.I.C.」シリーズを撮影したものをお届けします。
他のコーナーと違い、このS.I.C.ブースでは、市販された製品そのものがメインではなく、それらを元に改造・調整された、ワン・オフものが多く展示されていました。
ライティングも凝っており、フラッシュを焚くとせっかくの雰囲気が台無しになりそうでしたし、下手なコメントを入れるのも野暮なような気がするので、ここではもう、単に撮影した写真を掲載するだけにしておきます。

Asc03140

Asc03135

Asc03133

Asc03131

Asc03132

Asc03134

Asc03136

Asc03139

Asc03138

Asc03129
最後の写真だけが市販品です。
他にも、市販してもらいたいような出来映えのものばかりでしたが・・・ワン・オフだからこそ可能な仕上がり、ということもあるのでしょうね。たぶん。

|

« 魂ネイション2008・承 | トップページ | 魂ネイション2008・結 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

> 記憶違いではなかったとしたら、HOBBY JAPANで連載されているS.I.C.を利用した創作作品の挿絵風写真に使われたものでしょうかね。

私もそんな熱心な読者ではなかったのでうろ覚えですが、それに使われたものが多かったように思います。
しかしホントに、サイクロン号はあの中にあってさえもひときわ目立ちますね。やはりそれが「元祖」の風格なのでしょうか。

ブレイドの「レンゲルキングフォーム」とか「ミッシング・エース」とかも、出来映えが素晴らしいので、何とか普通に販売してくれないかなぁと思いました。

投稿: 腰原仁志 | 2008/03/22 21:00

記憶違いではなかったとしたら、HOBBY JAPANで連載されているS.I.C.を利用した創作作品の挿絵風写真に使われたものでしょうかね。

あれは、本当に秀逸な出来栄えのものばかりでしたから、もしそうなら、是非一度、実物を見てみたいものです。


それにしても、最初のバイクずらりの写真。

いくら最近のがごつくなろうとも、初代・2号の存在感って一体何だぁ!というぐらいにスゴイ。
また、こっちを見てる風に撮影されているから、その迫力がスゴイ。

ん~、言葉を失うとはこの事ですね。

投稿: 弐々 師走 | 2008/03/22 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/40588069

この記事へのトラックバック一覧です: 魂ネイション2008・転:

« 魂ネイション2008・承 | トップページ | 魂ネイション2008・結 »