« 革新の原点 | トップページ | 夜明けの鐘 »

2008/01/05

力天使の正体

Asc02693
「ヴァーチェ、目標を破壊する」


Asc02694
1/200スケール 、Hi-COM PRO・GN-005、ガンダムヴァーチェ
10cm程度のサイズながら造形は非常に細かく、この大きさなのにGNフィールド展開用スライドギミックが盛り込まれ、肩のアンテナまで折り畳み可能と来ています。
さすがは「劇中のギミックを最大限まで再現する」ことがポリシーのシリーズ。

しかし、最大の驚愕はこれから。

Asc02703
ヴァーチェの装甲を総て取り外すと、中から素体の 「GN-004・ガンダムナドレ」が姿を現します。ナドレの出現は、劇中でも驚愕のシーンであり、良い意味で視聴者をビックリさせたものですが、このHI-COM PROでの再現もビックリ。
1月5日現在では、唯一の立体化されたナドレであり、アーマー脱着を再現したヴァーチェとしても唯一の商品です。

なお写真は総て、靴アーマーを取り外し忘れていました(^^;)。ご容赦下さい。

Asc02695
各種アーマーを並べたところ。
総てそのままナドレに装備させることができますが、頭のみヴァーチェと差し替えとなります。このサイズでは仕方ないでしょう。
またヴァーチェとナドレとでは肩や股間の幅が違いますが、ナドレの肩関節や股関節を引き出すことで、装着後のプロポーションのバランスを保っています。

Asc02700
GNキャノンはグリップを展開し、ナドレに持たせることもできます。
引き出し関節や2重の膝関節などのおかげで、可動範囲は非常に広く、ヴァーチェに換装しても、結構ダイナミックなポージングが可能です。

Asc02698
ヴァーチェの装甲用スタンドも付属し、2体を並べて立たせることもできます。

ヴァーチェは、番組開始当初は「横綱ガンダム」などと呼ばれ(うちのお姉ちゃん談)、パイロットのティエリアの冷徹さも含めて、それほど人気の高いメカではなかったように見受けられます。
しかし、あの「キャストオフ」を見せられたら、評価が一変しても仕方ないデスよね?ね?

ところで、ナドレの姿を見ていると、どうしてもアレをやりたくなりませんか。


Asc02697
「ファイナルフュージョン!」

・・・ちょっと(ティエリアのキャラ的に)似合わないか。

|

« 革新の原点 | トップページ | 夜明けの鐘 »

明日は宇宙世紀」カテゴリの記事

コメント

> 全とっかえのヴァーチェの顎の裏側にナドレの顎がちゃんとあるのも芸が細かいですね。

アレはビックリしました。もしかしてあのサイズの頭部の中に、本当にナドレの頭が入っているのか?と引っ張ってみたのは、私だけじゃないはず。

> メタボガンダムですねぇ(良い意味で褒め言葉)。

初めて見た時は、ガンダムエースでやっている「ぷよガンダム」なのかと、本気で思いましたからねぇ。

> 「どうしてそんな名前になったのだらう?」

黒瑪瑙さんがお書き頂いているように、ナハボ族に伝わる両性具有の調停者…だそうですが、実に意味深ですね。

> ハイコンヴァーチェは、発売が決まってから「初めて」待ち遠しかったOOホビーだったりします。

全くおっしゃるとおりです。
私も、ダブルオー本編の後の「ガンガンガンプラ」で、初めて「カチャッ」とあの装甲が取れたのを見た時は「ああっ?!」と声を上げました。

> …つか、アーマーパージさせて意味あるのかな?

そうなんですよねー。GNフィールドとか使えなくなっちゃうはずだし、むしろ弱くなってしまうような気もするんですが(笑)。
もちろん機動力は上がるでしょうけど。

> パージしたアーマーやGN装備をパクられてデータ解析されたら大笑いなんだけど(爆

証拠を一つも残すわけにいかないし、ナドレを見せる時は殲滅戦にならざるを得ないですよね。ああ怖(^^;)。

投稿: 腰原仁志 | 2008/01/07 04:32

初めまして、以前より度々見に来させてもらってました。

うちの仲間連中ではヴァーチェの事は開始当初から「ライデンガンダム」って呼んでいたので、アーマーパージしてもあまり驚かなかった気がしますね(笑

…つか、アーマーパージさせて意味あるのかな?
パージしたアーマーやGN装備をパクられてデータ解析されたら大笑いなんだけど(爆

投稿: 赤目 | 2008/01/06 00:01

はじめましてー

以前から度々覗かせてもらってました。

ハイコンヴァーチェは、発売が決まってから「初めて」待ち遠しかったOOホビーだったりします。

キットの方も良いと思ったんですけどね;


どうやら「ナドレ」は、何処かの言葉で両性具有を表す言葉らしいです(確証取れてないですが)
機体の特徴や、パイロットの中性的な見た目に合った名前ですね。

投稿: 黒瑪瑙 | 2008/01/05 22:48

メタボガンダムですねぇ(良い意味で褒め言葉)。

記事タイトルの力天使…「ヴァーチャーがどったの?」と思いきや、なるほど内容を見て納得。ヴァーチェの事でしたか。

それにしても気になるのはナドレの事。記憶にある天使名の中でナドレって言うのはないですし(大体にして、~エルが天使の基本ですからねぇ。ヴァーチャーなどは例外にしても、数少ない例外ですし)。

と言うわけで検索。調べてみれば、なるほどネイティブ・アメリカンのシャーマンであったのですか…と。

そいつはわからないで当然ですわ…ってな感じで更に疑問が。

「どうしてそんな名前になったのだらう?」

…さてもさても、この先楽しみな事です。


 この先1/100では、やはり軟質髪仕様のナドレが出てくるのでしょうかね。これも楽しみな事です。

投稿: 弐々 師走 | 2008/01/05 20:16

ファイナルフュージョンは誰でも思いますね。

換装後はやっぱり拳を打ち合わせて

「ガン・ダム・ヴァーーチェエ」

と言うのが正しいのでしょうか。(オイッ)

しかしハイコンプロもやってくれますね。

全とっかえのヴァーチェの顎の裏側にナドレの顎がちゃんとあるのも芸が細かいですね。

ヴァーチェパーツ単体で飾れる素体付きなんて痒い所に手が届くと言った感じです。

プチ超合金魂のようです。

投稿: もっさん | 2008/01/05 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/17580371

この記事へのトラックバック一覧です: 力天使の正体:

« 革新の原点 | トップページ | 夜明けの鐘 »