« デススターは丸い | トップページ | 力天使の正体 »

2008/01/01

革新の原点

Asc02670
明けましておめでとうございます。
新年ですので、富士山をバックにするのにふさわしいキャラクターで幕開けを。


Asc02674
超合金魂・GX-07E LIMITED、エネルガーZ
永井豪先生の展覧会「奇想奇抜・永井豪の40年」で販売されているものです。


Asc02673
見て分かるとおり、マジンガーZの原点として描かれたため、全体のフォルムはほとんどZと変わりません。
ブレストファイヤーの放熱板もありますし、ロケットパンチももちろん可能です。


Asc02672
Zと最も異なる部分は、頭部のパイルダーがバイクであること、そしてバイクで乗り組むためのスロープが背中にあることです。

Asc02671
後にダイアナンAに採用されることとなるバイク搭乗システムですが、そのままでは海中戦は不可能でしょうし、スロープが付いていてはスクランダーも合体できません。
バイクからホバーパイルダーに変更になったのは、ちょうど仮面ライダーと被ってしまったからだと聞いていますが、結果的には成功だったのではないでしょうか。

Asc02669
マジンガーZは、さまざまな意味で革新的な作品でした。
商品展開としての大成功はもちろんですが、数々の画期的なアイデアは今でも鮮烈です。衝撃的なロケットパンチ、段階を踏んだパワーアップ、そして「人の頭脳を加える」無敵の姿。
敵が強力になるにつれ、翼折れ、腕がもげ、体中がボロボロになることもしばしばでしたが、それでも戦い続けるマジンガーの姿こそが、画期的なものだったかもしれません。
ロボットだからこそできる表現であり、生身のヒーローがそんなことしたら大変ですからね。

というわけで今年も、体中がボロボロになるまでがんばりましょう(やだよ)。

|

« デススターは丸い | トップページ | 力天使の正体 »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

・・・あ そういえば以前OVA CBワールドでチラッとラフスケッチのマジンガーが出た時はこれでしたもんね そっかぁそんときのかぁ・・・(一人で納得してすみません)

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/01/08 20:05

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

> さっきまで一緒にユニコーン作っていた子供達もやっとこさ寝てくれました。

良いですねぇユニコーン。
私も上京した折、いろんなお店を回ったのですが、どこでもほとんど売り切れでした。
色もギミックも格好いいですもんねー。

> ・・・今年も「腰原マジック」?に煽られながら玩具が増えていくんだろうなぁ・・・

・・・すいません(笑)。

> バイクもまんまだし、変えて大成功だなぁ。まあこういうところが、永井豪の天才たる所以ではないかと。

そうなんですよね。これはこれで面白いですが、やはりZの完成度の高さというのは凄いものです。理由はどうあれ、そこにたどり着ける永井先生はやっぱり凄いのだなぁと。

> エネルガーZ、実現してたら空を飛ぶのもままならないロボットになってたのではないのでしょうか。

少なくとも「空飛ぶスーパーロボット」になるのは難しかったでしょうね。
バイクで人間むき出しじゃ、海はもちろん、ちょっと高度を上げて飛行するのも不可能ですしね。

> 今、この記事を書いているのが大寒波の時なので、バイクはすっごく寒そう。でも、機械獣が熱線でも放った際には…ドロドロ?

防御力ほぼゼロですもんね。TVでアフロダイAがダイアナンになったとき、当時ですら「防御力下げてどうする」と思ったものです。

投稿: 腰原仁志 | 2008/01/03 02:51

コメント始めでよろしくお願いいたします。


「へぇx9」と驚きました。エネルガーZですかー、マジンガーの初期デザインってこんなのだったんですねぇ。

今、この記事を書いているのが大寒波の時なので、バイクはすっごく寒そう。でも、機械獣が熱線でも放った際には…ドロドロ?
怖い考えになってしまいました…。

投稿: 弐々 師走 | 2008/01/02 20:11

明けましておめでとうございます。

今年一発目にふさわしいアイテムですね。

今年も購買欲をメラメラと燃え上がらせるレビューを期待しております。

エネルガーZ、実現してたら空を飛ぶのもままならないロボットになってたのではないのでしょうか。

投稿: もっさん | 2008/01/02 10:11

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 エネルガーZ、OVA版マジンガーが元ですが(超合金魂の話ね)、背中はともかく顔が結構違うのでイメージもがらっと変わりますね。見ると原作マジンガーZの初期の画により近く、いかにも永井画なところがすばらしい再現度。まあ背中から見ると正直カッコいいとは思えませんが(笑)。バイクもまんまだし、変えて大成功だなぁ。まあこういうところが、永井豪の天才たる所以ではないかと。

 エネルガーZはもとより入手できませんが、OVA版マジンガーZがあるから私はいいや。

投稿: やずみ | 2008/01/01 05:28

あけまして おめでとうございます 今年も色んな意味で頑張っていきましょう
まさしく゛はじめ゛に相応しい物ですね
かえすがえすも羨ましすぃっ!
・・・今年も「腰原マジック」?に煽られながら玩具が増えていくんだろうなぁ・・・と(いや いいんですけど)実感した1月1日てした(笑)
今年もよろしくです。(^_^)v

投稿: 栃木の海坊主 | 2008/01/01 04:36

明けましておめでとうございます。

いつも楽しく拝見させてもらっております。
さっきまで一緒にユニコーン作っていた子供達も
やっとこさ寝てくれました。
31日まで仕事でいっぱいいっぱいだったので

これからやっと一昨日のニチアサを観ます。
子供達も「ジークが出る!」と大興奮だったみたいです。

今年も楽しいレビュー、期待しています。
それでは!

投稿: Leto | 2008/01/01 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/17533683

この記事へのトラックバック一覧です: 革新の原点:

« デススターは丸い | トップページ | 力天使の正体 »