« ウルトラ5つの誓い | トップページ | 雷鳴の巨人 »

2007/10/27

最小ヒューマノイド

Dsc02383

タカラトミー製、i-SOBOT
まぁとにかく、その驚異の性能をご覧になって下さい。
(詳細は、本家ドキュメントにアップしました)

・普通に歩く
・ご挨拶
・格闘ごっこ
・ロボ体操
・巨大ロボットごっこ
・オマケ

Dsc02385

驚くべきは日本の技術、科学の力、そしてこの開発スタッフのこだわり方。
まさに、最大限の賞賛に値します。
というわけで、マブお姉ちゃんから、それぞれの言葉を送ってお礼に代えたいと思います。

「ロボすげー!」
「科学すげー!」
「タカラトミーすげー!」

|

« ウルトラ5つの誓い | トップページ | 雷鳴の巨人 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

> それにしても凄いロボットだ。ちゃんと遊び心もあるのが素晴らしい。

内蔵音声もバリエーション豊富で、芸が細かいのが実に日本人的です。

> ガンツ先生曰く「i-SOBOTO 100点!!」

ウララ~。

> 電磁吸着で鉄板の上を歩くだけでも
> 感動していた時代が、ついこの間だというのに…

あれも動きは実に「ロボット」らしくて格好良かったですね。
鉄板を敷き詰めなければならないのが難点で・・・。

> こうした二足歩行ロボット=人型ロボットの製作に何のためらいのない日本であるからこそ、こうして技術が発展していくのでしょう。

国によってはいろいろ倫理観が異なりますからね。
私たちなんか子供の頃から「ロボ=友=憧れ」って刷り込まれてますけど。
日本に生まれて良かった(笑)。

> このロボットもそうですが、デアゴスティーニでも二足歩行ロボットの組み立てキットが発売されていますし、秋葉にあるツクモ店ならROBO-ONE用の部品も数多く取り扱っていますし。

組み立て系だと、自分で細かい動きをプログラムできるのも嬉しいですね。もちろん、それなりにハードルが上がってしまいますが、時間さえあればやってみたいことの一つです。

> さて、この先、動歩行=人間の歩行が可能になるロボットが家庭の中にいつ入ってくるのかという事なのでしょう。

このくらいの値段の市販品で、不意にバランスを崩しても対応できるようになるのも、時間の問題かも知れません。転んだのを察知して自分で起きるとかね。凄い時代になったものですねぇ。

投稿: 腰原仁志 | 2007/10/29 03:46

 静歩行式のロボットであったら、こうして安価で購入できるようになったのですねぇ。

こうした二足歩行ロボット=人型ロボットの製作に何のためらいのない日本であるからこそ、こうして技術が発展していくのでしょう。
宗教観的に言えば、人間が人間を製造する行為は許されていないのが通常ですから。統一宗教観念の薄い国ならではの状況であると言えます。


 このロボットもそうですが、デアゴスティーニでも二足歩行ロボットの組み立てキットが発売されていますし、秋葉にあるツクモ店ならROBO-ONE用の部品も数多く取り扱っていますし。

プラレス3四郎の世界も近くなっているのを実感しますね。


 さて、この先、動歩行=人間の歩行が可能になるロボットが家庭の中にいつ入ってくるのかという事なのでしょう。事実、ほぼ完全に近い直立歩行の可能なロボットは出来上がっていますし、期待感も膨れるというもの。

それまでは、その技術革新を楽しんでいきたいものです。


 それにしても昨今のステッピングモーター能力の向上には驚かされるばかりです。

大型のギュオンギュオンいっていた時代は遠い昔のようだなぁ…。

投稿: 弐々 師走 | 2007/10/28 21:28

凄ぇ!まさに科学の子(w
これが技術立国の力か!と唸ってしまいます

電磁吸着で鉄板の上を歩くだけでも
感動していた時代が、ついこの間だというのに…

投稿: ねびゅら | 2007/10/28 16:30

ロボコン(ロボットコンテストの事)に出て来る様なロボットを手に入れることが出来るとは時代は未来へ驀進してますなぁ。

それにしても凄いロボットだ。ちゃんと遊び心もあるのが素晴らしい。

ガンツ先生曰く「i-SOBOTO 100点!!」
(やっぱりロボコンネタかよ)

投稿: もっさん | 2007/10/27 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/16887527

この記事へのトラックバック一覧です: 最小ヒューマノイド:

« ウルトラ5つの誓い | トップページ | 雷鳴の巨人 »