« 新たな炎 | トップページ | 4000ドルの友 »

2007/08/30

怪鳥の咆吼

Dsc02181
(株)やまと製、完全変形SV-51γ
マクロスゼロに登場した、反統合同盟軍の可変戦闘機が立体化されました。

Dsc02201
オーバーテクノロジーの固まりであるその機体は、マクロス史上では、初めて実戦に投入された可変戦闘機ということになっています。
ファイター(戦闘機)形態だと非常に大型なのに、バトロイド(ロボット)形態だと細身の不安定な体型になるというアンバランスさがたまりません。
この製品でももちろん、差し替えなしで完全変形を行います。その過程は非常に複雑で、まるでパズルのようです。

Dsc02185
まずはファイター形態。
旧ロシアの戦闘機をイメージさせる「細く長くキュッと来てバーン」なフォルムは、格好いいったらありゃしない。
上の写真では、ブースターやミサイルは外していますが、武装を外した方が、むしろ凶悪に見えるような気すらします。

Dsc02192
異形のガウォーク形態。
一般的なバルキリーシリーズと異なり、主翼が付け根や真ん中でフレキシブルに動かせるため、いろいろと機体に表情(?)をつけることができます。
主翼の中央部ヒンジにはロック機構があり、ファイター形態で水平に広げた場合でも、ヘタレて来る心配が要りません。ここら辺の、細かい気配りはさすがです。

Dsc02198
最後はバトロイド形態。
今までの完全変形シリーズと異なり、スタンドが標準で付属します。3形態どの状態でも、それぞれ専用のジョイントを使えば、安定して飾っておくことができます。

Dsc02194
10mの異星人をぶん殴る」という、バルキリーシリーズ開発本来の目的(ええっ?)には、やや力不足かも知れませんが・・・。


Dsc02180
とにかく、この戦闘機としてのフォルムは、数ある可変戦闘機の中でも(個人的に)一番魅力的と思います。もう純粋に、飾っていて格好いいですからね。

劇中では壮絶な最期を遂げてしまった機体ですが、戦果を上げて、その技術が統合軍にフィードバックされでもしていたら、後のバルキリーシリーズは、また異なったものになったのかも知れません。
具体的には、こう、VF-1の翼が丸められるとか(何の意味が)。

|

« 新たな炎 | トップページ | 4000ドルの友 »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> ガウォーク形態を見て「映画版トランスフォーマーにだしても遜色ないなー」と思ってしまいました。

確かに!キシャキシャ言いながら寄ってきそうです。
まぁ、ロシア系戦闘機がアメリカ空域に飛んできては、カムフラージュもヘッタクレもありませんが(笑)。

> 結構、後付設定が多いマクロスですが、それでも20年以上も脈々と続いている作品群としてはまとまりのある方ではないのでしょうか。

少々外れ気味なのは「マクロス2」くらいですが、あれも未来世界での劇場映画(だっけ?)という設定で何とかしてしまうあたり、きちんと(一応)繋がっているようですね。

> 顔は巨人族の着込む機動兵器に似ているなぁと思いつつ、全身を見て納得。これほど人型であることの恐怖感を与える形態も珍しいのでは。

私も(マクロス7の)ステルスバルキリーを思い出しました。どことなくモーターヘッドのテイストも感じていたり。

あと書き忘れましたが、腕や機首のジョイントには磁石が使われており、凸凹ジョイントが(接続面には)見受けられないのに、きっちりと変形できる点もポイント高いです。

投稿: 腰原仁志 | 2007/09/01 15:52

ガウォーク形態を見て「映画版トランスフォーマーにだしても遜色ないなー」と思ってしまいました。


 結構、後付設定が多いマクロスですが、それでも20年以上も脈々と続いている作品群としてはまとまりのある方ではないのでしょうか。
ビッグウェスト御大将直々に「マクロスで20年以上食ってきた!」と言わしめるほどですからねぇ。


 顔は巨人族の着込む機動兵器に似ているなぁと思いつつ、全身を見て納得。これほど人型であることの恐怖感を与える形態も珍しいのでは。
そこがカッコイイんですけどねぇ。

>一般的なバルキリーシリーズと異なり、主翼が付け根や真ん中でフレキシブルに動かせるため、いろいろと機体に表情(?)をつけることができます。

まさに羽根ですよ。
もし色が白色系だったら、ダストエンジェルの名称が似合うかもと思ってしまったり。

>その技術が統合軍にフィードバックされでもしていたら
>VF-1の翼が丸められるとか(何の意味が)

ガンダムW ED版のウィングゼロのように羽ばたいたりして…それはそれでカッコイイかも。

投稿: 弐々 師走 | 2007/08/31 07:41

> ふはー、素晴らしい出来ですよねえ

出来映えは最高!
個人的には、完全変形バルキリーシリーズの中でも、1,2を争うお気に入りであります。
私の買ったのは、ちょっとだけ股関節が緩い気がするのですが、スタンドが付属するので問題ありません。

> 私も近くのザラスに入ったら妻子に内緒で買うつもり

とてもナイショにできるような箱の大きさではないと思いますが(汗

> でもさすがにこれ反統合軍の機体だし、統合軍に採用されることはないっしょ(笑

そりゃそうだ(笑)。
私の表現も中途半端だったので、ちょっとだけ追記しました。

投稿: 腰原仁志 | 2007/08/31 07:02

ふはー、素晴らしい出来ですよねえ
私も近くのザラスに入ったら妻子に内緒で買うつもり

でもさすがにこれ反統合軍の機体だし、統合軍に採用されることはないっしょ(笑

投稿: Leto | 2007/08/31 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/16289096

この記事へのトラックバック一覧です: 怪鳥の咆吼:

« 新たな炎 | トップページ | 4000ドルの友 »