« あぶらぜみのなく頃に | トップページ | 目覚めた勇気 »

2007/07/20

盛夏のTF祭

Dsc01947
こんなイメージなのかどうかは(今のところ)全然分かりません。

Dsc01944
映画版トランスフォーマー、MD-07メガトロン。
言わずと知れた、デストロン(ディセプティコン)の首領・・・のはずですが、私たちの知っているメガトロンとは姿が大幅に変わっており、あっちこっちがギゴギゴで、まさに「エイリアン」という佇まい。
映画では一体、どんな役割になるのでしょうか。

Dsc01941
ビークルモードへの変形後は、こんな姿になります。
サイバトロン星のジェット機モードだそうですが、 正直言って
何が何だか良く分からないものになった」という感じです。
変形自体は実に面白いんですけどね。

Dsc01954
素直に、このくらいの変形で充分だったような気がしますが。
(もちろんこの写真はただの俺変形で、オフィシャルではありません)

Dsc01950
しかし、玩具としての完成度は非常に高く、ロボットモードでは右手からチェーンウィップが発射され、左手はフュージョンキャノンに変形します。
右手のチェーンはプラ製ですが、虫のような手首ごと飛び出す仕掛けはかなり面白く、ついつい何度も遊んでしまいます。
また何故か説明書には載っていませんが、スイッチを押すとチェーンが棒のように引き締まるギミックもあります。何に使うのか今ひとつ分かりませんが・・・。

さらに、オプティマスプライムなどでも採用されているオートモーフィングは、このメガトロンに至って、完成を見たような感があります。
機首を後ろに倒すと、連動して翼が畳み込まれ、膝を横に捻ると、膝アーマーと足首が移動し、胸のボタンで、装甲や小型の翼が連動します。
個人的には、この夏のオプティマスよりもお気に入り、遊んでいて純粋に楽しい玩具ですね。

さて、せっかく「トランスフォーマー」なのですから、いろいろ俺変形を試してみましょう。

Dsc01952
ジオンの試作MS・ハイゴッグみたいなエイリアン。

Dsc01951
ガイキングに出てきた、ダブルイーグル(ってまた、思いっきりマイナーだな・・・) みたいなエイリアン。

Dsc01953
コブラに出てきそうな、のエイリアン。

どうひねくり回しても、結局「何かのエイリアン」になってしまうような気が。

|

« あぶらぜみのなく頃に | トップページ | 目覚めた勇気 »

それでこそ勇者だ」カテゴリの記事

コメント

はい、ゲーム版のTRANSFORMERSは未見です。
格好いいメガトロン様を撮ろうとしたら、やっぱり似たことを考えてしまったのでしょう。
写真撮りながら「CGならもっとパース付けられるんだけどなぁ・・・」などと思いました。

> というわけで一番最初に店頭で見たときは「まるで陸揚げされた烏賊のようだ!」とか心で叫んでのは無かったことに。

私も
「富山で買ったスルメのようだ!」
とか心で叫んでのは無かったことに。
メガ様、謎の飛行形態はともかく、ロボ形態は得体の知れなさがカッコエエですよ。

> 実は『メガトロンが空を飛ぶ』というのはさほど不思議な設定では無かったり。

そうなんですか!若き日のコンボイの憧れだったというのは、何だかちょっといい話(そう?)ですな。

> サイバトロン=空飛べない
> デストロン=飛べる
> という図式がG1でありました。結構他のシリーズでも継承されています。

確かにそうでしたね。今度の映画でも、ラインナップを眺めていると、それを忠実に踏襲しているような気がします。

そう言えば、今回の映画では「サイバトロンがトランスフォーム(擬態)できるのは、自分と同じ質量のものにだけ」という決まりがあるそうですね。
メガトロンの地球での姿は、何になるのかなぁ。

投稿: 腰原仁志 | 2007/07/23 21:37

……ホンキでゲーム版のTRANSFORMERSを知らないでこの写真御作りになったのなら腰原様はニュータイプか……ッ!?

こんばんわ、まだ買っていない(電気代と日本秘密結社への受信料がッ)メガトロン様にメロメロのていむです。くはっ(喀血)゜д゜<

というわけで海の向こうでは販売されている劇場版『TRANSFORMERS』のゲームオープニングムービーのラストのメガ様が夜空をバックに右腕フレイルを振りかざしているシーンがあります。マヂすげぇ!カッコエェ!

というわけで一番最初に店頭で見たときは「まるで陸揚げされた烏賊のようだ!」とか心で叫んでのは無かったことに。
劇オプと是非並べたいメガ様がとても良さげですなー。

実は『メガトロンが空を飛ぶ』というのはさほど不思議な設定では無かったり。銃だったり戦車だったりで、あんまり飛行機系のデザインが無いので、さもありなん。

一応G1設定(アニメ)では、まだ戦争も無く平和なセイバートロン星で倉庫番してた若かりし日のコンボイが、(表向き)理想を掲げてデストロンを旗揚げし自由に空を飛ぶ『飛行能力を持つセイバートロニアン』としてのメガトロンに憧れていた、という場面があります。
デストロンとサイバトロンの隔たりは実は『空を飛べるか否か』だったりするわけです。
アニメではコンボイをはじめ、サイバトロン戦士が空飛んだりする描写がある(オープニングからあるしナ)のでこんがらがりますが、
サイバトロン=空飛べない
デストロン=飛べる
という図式がG1でありました。結構他のシリーズでも継承されています。
なのでG1後半でサイバトロンに航空戦士が補強投入されるというイベントが発生したりするわけですよー。
今年もあるんならワクワクですな!……リペイントでなら航空系オートボットのリリース予定があるんですけどねー。劇場で出ないならなぁ。ハァorz

「とりあえず、決戦はダムの上で是非!是が非に!」ていむ

投稿: ていむ | 2007/07/22 04:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/15827550

この記事へのトラックバック一覧です: 盛夏のTF祭:

« あぶらぜみのなく頃に | トップページ | 目覚めた勇気 »