« かすたまP | トップページ | 明けない夜 »

2007/06/08

初夏のTF祭・2

Dsc01756

日本の道路で市街戦をやられたら困りますね。
ただでさえ、渋滞多いのにさぁ(そういう問題か)。

Dsc01759
Dsc01757
映画「トランスフォーマー」より、MA-03バンブルビー
前情報からすると、どうやら主役に近い扱われ方をすると思われる、正義側(オートボット)のトランスフォーマーです。
いかにも『アメ車』といった感じのカーモードから、やんちゃ坊主のようなロボットモードに変形します。

ボンネット上部のスイッチを押すと、その前部がガシャッと下に倒れ込み、頭部が出現します。また、それに連動してヘッドライトが移動し、カーモードとロボットモードとで、フロント部分の印象を変えることに成功しています。
ここら辺の玩具としての楽しさは、さすがはトランスフォーマー。

Dsc01758
Dsc01754
続いて、MD-01ブラックアウト
渋いカラーの戦闘ヘリから、見るからにワルモノっぽいロボットモードに移行します。
私も最初はてっきり、ローターを畳んだ付け根の部分が頭部だと思っており、
「キングゲイナーみたいだなぁ」
などと軽口を叩いていたら・・・。
ちゃあんと下に、(もの凄い形相の)顔がありました。

ヘリの下部には、スコルポノック(ミニサイズ)を搭載できます。
通常サイズのスコルポノックとも合体できるとのことです。

Dsc01755
いずれも変形自体は割とオーソドックスで、手順が分からなくて悩むことはほとんどないでしょう。

ただ、コンボイの時にも思いましたが、そのハリウッドデザインは少々くせがあり・・・日本のロボットを見慣れた目には、違和感があるかも知れません。
しかし
「もし本当に、エイリアンとしての機械生命体がいたら?」
という答えとしては、説得力があるような気がします。

何にしても後は、映像の中でどれだけ魅力的に扱って貰えるか、ですね。
公開の8月が楽しみです。

|

« かすたまP | トップページ | 明けない夜 »

それでこそ勇者だ」カテゴリの記事

コメント

> 少しネットを見てみたのですが、こんなサイトを見つけましたので、参考になればと。
> 「海外ファンサイト事情」

リンク先、拝見しました。
非常に参考になりました。情報ありがとうございます。
うーむなるほど、あちらでは「画像コレクター」がそれなりのポジションなのか・・・。
そりゃまた光栄と言うか、何と言うか(^^;)。

まぁともかく、サイトのトップページには、お教えいただいたのを参考に、一文入れるようにしたいと思います。
問題はこっちのBlogの方で、そんな野暮な文章をトップ記事に出すのもみっともないし、かといって・・・悩むところでございます。

>> 日本の道路で市街戦をやられたら困りますね。
>> ただでさえ、渋滞多いのにさぁ(そういう問題か)。
> でも、市街戦にもにた工事は毎回どこかで行われて交通遮断してますよねぇ。

とくに決算前には(笑)。

> 映画もかなりの報道規制が行われているようで、スターウォーズのように盛り上がるのでしょうか。

だったらいいですね。
どちらかというと、日本のマスメディアの方が冷めているような感じがしますし。

> 最新の玩具ではある程度の自動変形も行われているようですけど、いつかは、その昔に発売された鉄人17のような自動変形ができるコンボイ指令がでないと言い切れませんね。

今の技術なら、決して不可能ではなさそうですね。
初代メガトロンは、技術云々以前に、銃の規制でダメでしょうけど。

そう言えば、映画のメガトロンは、初代とはすっかりイメージを変えているとか。アメリカ製では致し方ないところですが。

> メイド服に身を包み、「くっくっく…さあて、どう御奉仕してやろうか御主人様…」と不敵に微笑むコンボイ司令官はいかがでしょうか。

何と!あの「萌えられるものなら萌えてみろ!」の声の人が司令官?!

・・・イメージバッチリ(笑)。

> ちなみに、アニメ版「シグルイ」の虎眼先生は加藤メガトロン精三氏だそうです。ぬふぅ。

こりゃまた凄まじい生き様(死に様)が、聞こえてきそうですね。
脳がうどん玉(以下検閲)・・・ごふっ!

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/15 22:31

>玄田哲章さんの声で「トランスフォームッ!」って言って欲しい

 メイド服に身を包み、「くっくっく…さあて、どう御奉仕してやろうか御主人様…」と不敵に微笑むコンボイ司令官はいかがでしょうか。

ラジオドラマ版「仮面のメイドガイ」
http://www.animate-shop.jp/ws/commodity_param/ctc/cd/shc/0/cmc/4063386
http://www.fujimishobo.co.jp/pure/2006/10/post_82.php
http://www.animate.tv/nf/detail.php?id=0000001485

 ちなみに、アニメ版「シグルイ」の虎眼先生は加藤メガトロン精三氏だそうです。ぬふぅ。

投稿: ヨモスエ | 2007/06/15 17:46

>無断転載禁止(^^;)。

気苦労多くなりますねぇ。困ったものです。


少しネットを見てみたのですが、こんなサイトを見つけましたので、参考になればと。

「海外ファンサイト事情」
ttp://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~akikan/kaigai/


これからもくじけずに頑張ってください!…と応援しかできませけど…。ネットってば本当に良いも悪いも紙一重、だからこそ自制が必要なんですよねぇ。

これだけじゃ、気分的にあきまへんので、レビューの感想をば。

>日本の道路で市街戦をやられたら困りますね。
>ただでさえ、渋滞多いのにさぁ(そういう問題か)。

でも、市街戦にもにた工事は毎回どこかで行われて交通遮断してますよねぇ。


それはともかく、TFって本当にアメリカで受けているのですね。元々、人型のロボットに抵抗があったお国柄であったので、自分で考える事はあまりしなかった歴史があるわけですけど(宗教観として仕方がないんですけど)、一度火がついたら止まらないのもらしい話です。

映画もかなりの報道規制が行われているようで、スターウォーズのように盛り上がるのでしょうか。


その昔、変形機構も単純であった頃からすれば、見違えるようなプロポーションです。
最新の玩具ではある程度の自動変形も行われているようですけど、いつかは、その昔に発売された鉄人17のような自動変形ができるコンボイ指令がでないと言い切れませんね。

できれば、それが発売されたら、玄田哲章さんの声で「トランスフォームッ!」って言って欲しいものです。

投稿: 弐々 師走 | 2007/06/15 00:11

まさか、こんなことを書かねばならないような時代が来るとは。

Reprint without permission prohibition.
Please.

Oh my GOD.

トホホって英語でなんて言うの(^^;)。

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/09 21:26

えーっと、今更こんなことを書かねばならないことも、何だかアレなんですが。
無断転載禁止(^^;)。
でお願いします。トホホ。

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/09 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/15361959

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のTF祭・2:

« かすたまP | トップページ | 明けない夜 »