« 初夏のTF祭・2 | トップページ | 初夏のTF祭・3 »

2007/06/13

明けない夜

Dsc01777
(実際には次の回、「ステラ」のシーンですが)

Dsc01772
HCM-PRO・40-00、GFAS-X1デストロイガンダム
HCM-PROシリーズは、掌サイズ(10cm弱)でモビルスーツを再現するのが基本ですが、このデストロイガンダムは他の連中とスケールを合わせるため、全長30cm弱のサイズで立体化されています。
実際のバカでかさが想像できるというものでしょう。

Dsc01767
設定通り、モビルアーマー形態に変形します。
変形パターンは、後ろを向いて背中の傘(?)を背負ってるだけなんですが、「陸戦型ビグザム」とでもいうべき異形のフォルムは迫力抜群。
立ちふさがる総てのものを蹂躙する、劇中のシーンが蘇ります。

Dsc01774
両腕のロケットパンチ(シュトゥルムファウスト)は、スプリングが内蔵され、ボタンを押すと勢いよく発射されます。
この腕ブロックがまた良くできていて、発射機構のスプリングが噴射口のパーツを押し出すため、普通だったら差し込み穴がそのまま見えてしまうところですが、巧く穴を塞ぐようになっています。

Dsc01776
同シリーズのフリーダムガンダムと並べて、激戦の決着を再現。
それにしても、凄いサイズ差です。

デストロイガンダムは、変形後の姿も、ストーリー上の扱いも、「平成のサイコガンダム」と呼ぶにふさわしいものでした。
悲劇のヒロイン・ステラの最期は、物語のターニングポイントであり、印象的なエピソードの一つです。

ただ一般的には、「因縁の舞台に幕を引くのは主人公の仕事」という場合が多いのですが。
この番組に関しては、決着を付けたのは前作の主人公(キラ・ヤマト)で、本当の主人公(シン・アスカ)は、この後どんどん間違った方向に行ってしまうというのが、何とも凄い展開でした。

そう言えば、ガンダムSeedは3部作だという噂を聞いていたような気がしたのですが・・・どうなっちゃったのかな。

|

« 初夏のTF祭・2 | トップページ | 初夏のTF祭・3 »

明日は宇宙世紀」カテゴリの記事

コメント

>  Vガンダムも、ガンダムなのに量産型?のゲドラフ(中身カテジナ=ルースだが)にやられておりませぬか?

オーマイガッ!
確かにおっしゃるとおり。思いっきり墜とされてましたねぇ。相手がカテ公とはいえ。かなり無惨に。

> 「普通のパイロット」相手、てなら、初めてなんでしょうかね?

よく考えてみたら、ヒイロのウイングガンダムも、しょっちゅう墜とされてましたわトホホ。
撃墜されたからMS戦へ、とか何度もやってましたね。

> しかし…「カオスのにーちゃん」と言われると、無茶苦茶弱そうな響きですなあ…、ええ、本当に。

えーとそれで、本名何でしたっけ(^^;)。

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/18 21:12

 >ガンダムなのに量産型に撃墜される
 腰原どの。
 Vガンダムも、ガンダムなのに量産型?のゲドラフ(中身カテジナ=ルースだが)にやられておりませぬか?まあ、実際には、「パーツが一つずつやられて」「ウッソが負けた」だけとも言えますが(だって、頭部アンテナ以外はヘキサと変わらんような…?)「普通のパイロット」相手、てなら、初めてなんでしょうかね?ザクでガンダムを「負かした」ククルス・ドアンはともかく。「MSの格闘戦」ですからね。
 しかし…「カオスのにーちゃん」と言われると、無茶苦茶弱そうな響きですなあ…、ええ、本当に。

投稿: ぼうとるれ | 2007/06/18 12:43

> ステラの乗る1号機は強かったけど、量産されるとご多分に漏れず弱っちくなるのはいかんともしがたいですなぁ。

再生怪人は、10人まとまってても弱いですからね。
5台でも秒殺されるのはしょうがない。

> ムラサメ部隊に撃墜されたカオスのにーちゃん、デストロイに乗ったはいいが、やっぱザコってのが哀愁をそそります。

なんせ、カオスにーちゃんがデストロイで出てきた瞬間、視聴者の9割(推定)が思ったことは
「まだ生きてたのか・・・」
でしたからねぇ。

せっかく、「ガンダムなのに量産型に撃墜される」という、史上初(だっけ?)の栄誉を得たのに(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/16 21:21

ステラの乗る1号機は強かったけど、量産されるとご多分に漏れず弱っちくなるのはいかんともしがたいですなぁ。

ムラサメ部隊に撃墜されたカオスのにーちゃん、デストロイに乗ったはいいが、やっぱザコってのが哀愁をそそります。

ビグザムが量産されたあかつきには!!同じ運命が待っていたのかも。(笑)

投稿: もっさん | 2007/06/16 06:11

> とりあえず、両腕両足に他のガンダム「ガイア」「カオス」「アビス」が合体しなかったのが、残念です。

それ欲しいんですけど、マジで(笑)。

> うむう?ジェリドの位置に、キラが来てて…、でも、キラが物語終わらせて…?

確かに、デストロイを倒したキラの立場は、サイコガンダムのジェリドと同じですね。
強さは桁外れですが(^^;)。

>> 両澤さんは何を考えて
> そりゃ勿論,キラとアスランをいかに活躍させるか(だけ)を考えてたんでしょうさ。

アスランはどうかなぁ(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/15 22:37

「シン・アスカという男(の主人公としての立場)を殺したのはお前か!」
「し,知らん!その時私はガンダムSEED DESTINYの脚本を書いていた!」

そういえばこの辺の本放送当時,東京MXではΖの再放送をやってて,ステラとフォウのエピソードが同時進行だったので色々な意味で非常に解りやすかったです。

>両澤さんは何を考えて

そりゃ勿論,キラとアスランをいかに活躍させるか(だけ)を考えてたんでしょうさ。
「ひどいもんだ。だから女はいかん」(前田慶次)

投稿: 金津鬼 | 2007/06/15 20:13

 とりあえず、両腕両足に他のガンダム「ガイア」「カオス」「アビス」が合体しなかったのが、残念です。
 もしくは、ガイアが背中の中央に合体とか。
 ……、へん…、種なんて…種なんて…(子供のわがまま的考え)。
 ま、と言うか、そもそも、インパルスのチェストフライヤーが格好悪すぎたのが、「放送前に」残念なポイント…、なんか、「頭隠してるんだから、討つなよ!」みたいな情けなさが…、滲んでて(泣き)。

>決着
 うむう?ジェリドの位置に、キラが来てて…、でも、キラが物語終わらせて…?
 両澤さんは何を考えて…、それとも!バンダイの罠か!?(ゴルゴムの仕業か!?)
 後は、ニコルが生き返らなかったのが、不満ですね。(話ずれてるですね)

投稿: ぼうとるれ | 2007/06/15 15:34

各エピソードはグッと来るものがあったのに、何故か全体を思い出すと・・
アレ?結局、この戦争は何だったんだ?
細かい部分を突っ込むと、いろいろと首を捻りたくなるところもあったし。

でも好きでしたけどね。

という、微妙な番組(^^;)でした。

3部作の最期には、あの「空飛ぶクジラの骨」の謎が解き明かされる・・・ような夢を見ていた時期がありましたよ、私にも。

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/14 21:49

>そう言えば、ガンダムSeedは3部作だという噂を聞いていたような気がしたのですが・・・どうなっちゃったのかな。

映画版の製作発表をしてから一年丸っきり音沙汰無し・・・・・
まさかまた脚本家の人がゴネ(以下略

投稿: フジイチ | 2007/06/14 21:35

>だーれかなー、こうしちゃったのは!
アノお二方の間で話がグルグル回っていたんではないかと…
公式の方でもサジを投げたような書き方をした人も出ましたしね。

物語としてのチェック機構が事実上無……ったのかもしれませんね。

しかしサイバーフォーミュラのキャラ(違)が、ほとんど原形をとどめたまま出るとは思わなかったw

投稿: MUF | 2007/06/14 04:23

デストロイの変形機構を見た際に、ビグザムというよりも「あ、G-UNIT」とWガンダムの外伝を思い出しました。そうかー、話的にはビグザムとかサイコガンダムなんですよね。

>あれで何故シンは銃殺刑にならないのかと
>小一時間問い詰(ry

ですよねぇ。でも、実際にはZガンダムでもカミーユ君が同じような事をしていたような記憶が…あちらは修正されましたけど。


ガンダムSEED DESTINY。本来ならシンが主役であるはずの題名ですが、実際にはキラが主役であったという何とも奇想天外な物語であり、且つ、TV版終了後に結びの画面が付け足されたという…何と言いますか、昨今の中では良い感じでグダグダな作品でした。

尺の取り方がねぇ。風呂敷を結べ切れなかったのがねぇ。物語のシナプスとしては良い作品なんですけどねぇ。だーれかなー、こうしちゃったのは!

腹からビーム、手からビームと画面の勢いをつけるため、また大型大口径の銃を構える際の重量感を迫力よく描いていた良作であると思います。
今だからこそできる表現もなされていましたが、インスパイア品としては、先ほども記載しましたが、残念ながら物語の構成でランクダウンしてしまった作品であると思います。

辛口なんですが、良い作品だとは思っているんですよ。


>そう言えば、ガンダムSeedは3部作だという噂を聞いていたような気がしたのですが・・・どうなっちゃったのかな。

恐らくですけど、ネット配信でやっていたのを含めて三部作にしちゃったんではないかと。一応、玩具売り場などでポスターなんかも貼られていましたし。
スターゲイザーでしたっけ?例の単体惑星間航法の可能なガンダムのお話です。

投稿: 弐々 師走 | 2007/06/13 22:45

デストロイガンダムはかなり好きなヤツですし
ステラのエピソードも泣けるのですが
あれで何故シンは銃殺刑にならないのかと
小一時間問い詰(ry

投稿: さいとー | 2007/06/13 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/15413363

この記事へのトラックバック一覧です: 明けない夜:

« 初夏のTF祭・2 | トップページ | 初夏のTF祭・3 »