« 少年の護る女神 | トップページ | 桜の下で »

2007/06/30

星の超闘士

Dsc01873
グルンと回ってガスンと変形。

Dsc01862
STUDIO HALF EYE製、完全変形グルンガスト
スーパーロボット大戦シリーズに搭乗する主役機の1体で、何機かのバリエーションが存在します。
今回立体化されたのは、星形の頭部を持つ(おそらく一番有名な)1号機です。
ではさっそく、その変形パターンを見てみましょう。

Dsc01856
まずは飛行形態、ウイングガスト
大きく広げられた両脚が翼となりますが、その脚部はかなり薄く畳まれているため、飛行機としてのバランスもかなり良いものになっています。
また、設定通り、機首にグルンガストの頭部が収納されているのには感動しました。

Dsc01857
正面から見ると、
「飛行機」というよりは
「(超時空世紀オーガスの)ナイキック
みたいにも思えますが。

Dsc01858
そのまま翼を内側に倒し、横にスライドしていた胴体を縮め、腕を伸ばすと。

Dsc01861
超闘士・グルンガストに変形完了。
巨大な肩、星をモチーフにした胸のエンブレムなどが非常に格好良く、まさにスーパーロボットらしい品格が漂います。
胸の星形は、胴体が左右にスライドする関係上、綺麗に星形に合わせるのが少々難しいのですが。

Dsc01859
また頭部は(僅か1cm弱のサイズなのに)、後方から展開する角の開閉、フェイスガードとなる顎の可動など、細かい部分まで良くできています。
こういう、「変形の最後に『ギシャーン!』とキメたいところ」がしっかりできていると、遊んでいても楽しいですねぇ。

Dsc01871
最後は、重戦車形態・ガストランダー
一見、単にお座りしているだけに見えるかも知れませんが、実は変形パターンは最も複雑であり、神経を使うところです。
キャタピラが(薄い翼であった脚の内部から)出てくるところは、さすがにハーフアイさんといった感じの寄木細工ッぷり。

Dsc01867
また、脚部ビッグミサイルのハッチ、胸部ファイナルビーム発射口の開閉も可能です。
もはや呆れるほどのこだわりよう(誉めてます)。
写真は撮りませんでしたが、下腕部ブーストナックルの取り外しもできます。

グルンガストは、最初の設定では、破嵐財閥の援助を受けて製作されたということになっていたためか、変形パターンもダイターン3を参考にしているようです。
(もっとも、作中でのかなり無茶な変形からだと、
「参考にしたのはゲッターロボじゃないのか?」
と思えたりもしますが)

その豪快なハッタリ変形を、どの形態でも破綻しないプロポーションに仕上げているのは、実にお見事だと言えましょう。
やっぱり『完全変形は男の浪漫』です。

|

« 少年の護る女神 | トップページ | 桜の下で »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> もはや腰原さんの財力は波乱財閥並みですね。(笑)

500円貯金のおかげです。
つーかボーナスの前借・・・ぐふっ!

> 蒼きバッファローことガストランダーの時はちゃんと> キャタピラが2枚になるのが凄いですよね。

もう本当に「変形」じゃなくって「細工」の分野です。
ありがたいですなぁ、日本に生まれて・・・。

> そのうち限定品で頭が獅子型の2号機が出たりして。

それは実にあり得そうな気がします。
斬艦刀付きの0号機なら欲しい・・いやさすがに買いませんが・・。

投稿: 腰原仁志 | 2007/06/30 21:54

おおおぉやはり買われていましたか。
もはや腰原さんの財力は波乱財閥並みですね。(笑)
オイラはガイキング・ザ・グレートの為に泣く泣くスルーです。(泣)

相変わらずスタジオハーフアイさんはやってくれますよね。

蒼きバッファローことガストランダーの時はちゃんとキャタピラが2枚になるのが凄いですよね。
良くあんな狭いところに収納できたもんだ。

そのうち限定品で頭が獅子型の2号機が出たりして。

投稿: もっさん | 2007/06/30 06:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/15598730

この記事へのトラックバック一覧です: 星の超闘士:

« 少年の護る女神 | トップページ | 桜の下で »