« 俺、四回参上! | トップページ | まさしく仰天合体 »

2007/05/03

大ガンガンガン

Dsc01564
激獣エレファント拳・奥義、大頑頑丸(だいがんがんがん)!

Dsc01559
獣拳合体シリーズ01・ゲキエレファント。DXゲキトージャと「獣拳武装」する、新たな合体用パーツ(と言うのか何と言うのか)です。
今回は、食玩の「ゲキレンジャー・パワーアームズ」と一緒にご紹介しております。記事冒頭の写真は、DX玩具でなく、ミニプラの方です。

Dsc01561
まずこちらは、DX獣拳合体シリーズのゲキトージャと合体した、ゲキエレファントージャ。
ゾウの鼻先をエレハンマーボールに差し込んだ武器を持つ、ゲキトージャのパワーアップバージョンです。
ゲキエレファントのボディを、まるで肩当てのように着込ませているのが印象的です。ゲキトージャ自体は、元々下半身にもボリュームがあったので、バランスとしてはちょうどいいくらいです。

Dsc01568
このまま本体の電動スイッチを入れると、豪快な勢いでボディが回転し、ハンマーボールを振り回します。ボールは滅多なことで抜けないよう、しっかりと差し込まれるようになっていて、お部屋の中で遊んでも安心。
それにしても、何というのか、豪快無比な玩具ですねぇ。
マブが飽きもせずガンガンガン回していますが、何だか気持ちは良く分かります。

Dsc01563
こちらは、ミニプラのゲキトージャが「獣拳武装」した、食玩版ゲキエレファントージャ。 (ガンプラマーカーで塗装してあります。ちょっと塗る場所、間違えちゃってるところがありますけどね)
肩のアーマー接続パーツが2重になっており、やたら良く動くと評判だったゲキトージャの可動域を妨げないよう、工夫されています。
ここら辺は、さすがにミニプラといったところ。

Dsc01567
個人的には、端正な感じの「ゲキトージャ自体の顔」が好きなので、ゲキエレファントージャ用マスクを外して、立たせてみました。
やっぱりミニプラ版はカッコいいです。

Dsc01557
DX玩具とミニプラでは、サイズとしてはかなり差があるので、このように「ゾウの内部にまたゾウを」まるごと収納することもできます。
まさに「おやこメカ」 ですな。

Dsc01558
「わーいわーい」
大きさの比較、ゾウ使いの少年。

ところで、「ゾウと鉄球」といえば、個人的には「オッペルと象」とかを思い出してしまい、あんまりいい連想が湧かないのですが・・・。
今の子は、そんなことないのかな。

|

« 俺、四回参上! | トップページ | まさしく仰天合体 »

合体魂」カテゴリの記事

コメント

> ミニプラのゲキエレファント4月下旬だったので夜勤帰りに深夜のスーパーによって見たんですがまだ売ってなかった。orz

そろそろ全国的に出荷されているみたいですよ。
てっきり他のゲキビーストと一緒かと思っていたのに、バズーカやハンマーと同じアソートなので、ちょっと驚きました。

> 鉄球だと「日本ブレイク工業社歌」を思い出しますね。

あれは燃える良い歌でしたね。
何より「大の大人が本気になってやっている」ところが良かったです。

> 追加ビーストの出来次第ではゲキトージャの購入も考えてたんですが・・・ネタバレ画像見てそんな感情も一気に吹っ飛びました・・・

次のアレですね。
確かにアレは私もちょっと・・・何とも言えない気持ちになりました。
実際に画面で見たり、遊んでみるとまた違うのかも知れませんが。

> ミニプラも見かけたんですが・・・食玩デンライナーを優先した為スルーしました・・・

アレも何か素晴らしい出来だそうですね。
こちらでは、発売されたのは確かなんですが、もう子供たちがごっそり買っているようで、空き箱しか見かけません。

> おやこメカ
> なんとも同じことをする人がいるもんですなあ(笑

それほど、私たちに刷り込まれた「アオシマのおやこマシン」の洗礼が強かった、ということなのでしょう(笑)。

>> オッペルと象、タイトルからなんとなく人間と象の交流を描いた作品なのかと思ってたら・・・(汗
> あれは救いのない話でしたからねぇ・・・

私も子供の頃、てっきりホノボノした童話かと思って読んでいたら・・・さすがは宮沢賢治先生です。
あれ以来、私の心の中で、鉄球は「怖いもの」にランクしています(笑)。

> ザバダックの吉良知彦さんがプロデュースした「賢治の幻燈」というアルバムに収録されているドラマが印象的でした。
> 白象の声を遊佐未森さんが当てていて、とても可愛らしい白象だっただけに尚更ラストが泣けてしまいましたよ。

そんな良さそうなアルバムがあるんですね。
マブに聞かせてみようかな。情報ありがとうございます。

投稿: 腰原仁志 | 2007/05/04 21:16

>個人的には「オッペルと象」とかを思い出してしまい

あれは救いのない話でしたからねぇ・・・
ザバダックの吉良知彦さんがプロデュースした「賢治の幻燈」というアルバムに収録されているドラマが印象的でした。
白象の声を遊佐未森さんが当てていて、とても可愛らしい白象だっただけに尚更ラストが泣けてしまいましたよ。

投稿: ぶらっくば~ど | 2007/05/04 20:15

おやこメカ
なんとも同じことをする人がいるもんですなあ(笑

投稿: Leto | 2007/05/04 03:07

追加ビーストの出来次第ではゲキトージャの購入も考えてたんですが・・・ネタバレ画像見てそんな感情も一気に吹っ飛びました・・・あれはちょっと無理です・・・。
作品自体も寒い評価が続いて自分も視聴切ったクチなんですが・・・はたしてどうなるやら・・・。
とりあえず象は悪くなさそうなんで押さえとこうかと思ってます。
ミニプラも見かけたんですが・・・食玩デンライナーを優先した為スルーしました・・・こちらも予想以上に良い出来で満足です。DXデンライナーといい今年のバンダイは見た目的にインパクトのあるギミックで勝負しようとしているのでしょうか(それが良い方向に向かってるかは別として)。
オツベルと象、タイトルからなんとなく人間と象の交流を描いた作品なのかと思ってたら・・・(汗

投稿: ダイ・アナザー・ガイ | 2007/05/03 20:53

ミニプラのゲキエレファント4月下旬だったので夜勤帰りに深夜のスーパーによって見たんですがまだ売ってなかった。orz

一番下の写真見ると何だかタイの映画の「トムヤンクン」を思い出してしまいました。
あのムエタイ使いの主人公と象の親子のようで。

鉄球だと「日本ブレイク工業社歌」を思い出しますね。

♪日本ブレイク工業スチールボール ダダッダ!!

投稿: もっさん | 2007/05/03 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/14931977

この記事へのトラックバック一覧です: 大ガンガンガン:

« 俺、四回参上! | トップページ | まさしく仰天合体 »