« Say,Mark-Two | トップページ | 真実のバシュタール »

2007/02/14

バカがヨロイでやってくる

Dsc01158
「人呼んで、夜明けのヴァン!」
(二度と呼ばれなかったような気がするけど・・・)

Dsc01164
Max Factory製、DANN of THURSDAY
ガン×ソード」に登場する、「神は裁き」という意味の名を持つ最強のヨロイ・・・身も蓋もなく言うと巨大ロボット・・・の、フルアクションフィギュアです。
映像では、衛星軌道上からまさしく「神の裁き」のごとく落下してくる巨大剣であり、それが(何故か)変形してロボットになるというものでした。
白い塗装と、クリアブルーの成型がかなり綺麗で、最強のヨロイと呼ばれるにふさわしい出来映えです。

Dsc01165
この製品では、その(非常に)ムチャな変形はあっさりとカットされていますが、その代わり、ケレン味たっぷりの可動できるよう、心が込められています。
肘や膝の深い踏み込みはもちろん、肩や足首にも斜めの軸が切られ、ダイナミックな動きが可能です。
デザイン上だとかなり動きに制限を出しそうな手足のチューブも、柔らかい材質のため、かなり良い感じでハッタリをかませます。
また、最強の武器であるバカでかい剣は、劇中通り、二刀流に分離させることもできます。

Dsc01161
全く個人的な感想ですが、このアイテムで遊んでいると、何とはなしに、「ジョジョの奇妙な冒険」の、第3部=スターダスト・クルセイダース=を思い出してしまいます。
「ハイエロファント」とか、「シルバー・チャリオッツ」とかいう単語が、どうも脳裏から離れないのです。
多分、細身で戦闘的なスタイルとか、独特な立ちポーズとかが、私の大好きなジョジョと同じ周波数の電波をガンガン放射しているんだと思います。

こちらでは「ガン×ソード」を放映していなかったのですが、幸いなことに、今はGyaO!などの無料動画配信サービスでも視聴が可能です。
おかげで私も、ヴァンの勇姿(と、ウェンディの可憐さ)を、たっぷり堪能することができました。

「ガン×ソード」の謳い文句は「痛快娯楽復讐劇」でしたが、やっぱり「痛快」で「娯楽」な番組はいいなぁ、としみじみ思います。

|

« Say,Mark-Two | トップページ | 真実のバシュタール »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> ダイソード変形しますねっ! まじで。 ややこしいけど。

おお!行けそうですか。
確かに伺ってみると、何だかできそうな気がしてきましたね。いやワクワクしますな。

> と、言うわけで製作中。
> どっかで出したら、笑って下さい。

それは楽しみです!
完成したら、またぜひお教え下さい。

投稿: 腰原仁志 | 2007/08/20 02:20

ダンはホントにかっこいい!!

ダイソードって作者自身も変形は無理があるって言ってましたねぇ、そういえば。

本当にそうか?と、素直じゃない私は個人的に検証したら・・・

ダイソード変形しますねっ! まじで。 ややこしいけど。

鍵は上半身内部にスライド機構と伸縮シリンダー機構を内蔵すれば解決。ややこしいけど。

スライド+回転で、あの理不尽変形は可能!!

ドラゴン形態は・・・上半身刃部分の変形と柄の部分の頭部変形を何とかすれば何とかなるかも。 

いろいろ理不尽構造が多いですが、何とかなるかも。

と、言うわけで製作中。

どっかで出したら、笑って下さい。

投稿: あずまっち | 2007/08/19 04:04

> (ダイ・ソードは)
> 問題はビーストモードでドラゴン型に変形するときですね。

あれは何が何だかサッパリですね。
いや、ああいう不可能変型には燃えるものがあります。
・・・ブロックで作ろうかな・・・。

> 『ミズーギ』のパリカールはGyaoでは外れているのだろうかw

Gyaoではまだ第6話(だっけ?)なので不明ですが、名作(?)と名高いそうなので、是非見たいですね。

> 小説でのバーボンママとウナギィーヌは見て損は無いかとw

何その「これでいいのダン」(笑)。

投稿: 腰原仁志 | 2007/02/19 19:46

ttp://studio-himitsukichi.cocolog-nifty.com/
ダイ・ソードも良いですがマップスの新しい物が始まっているという事で♪

ガンソードはリアルタイム&DVDで視聴してましたが『ミズーギ』のパリカールはGyaoでは外れているのだろうかw
あと私の御気気に入キャラはファサリナさんで♪
CDの「やら(さ)しい事は良い事です」は名言ですw

小説でのバーボンママとウナギィーヌは見て損は無いかとw

投稿: MUF | 2007/02/18 00:14

>あと、エルドラVも♪

これはDVDVol.9~13の初回版特典フィギュアのボーナスパーツとして付属していましたね。
流石に、固定ポーズでしたけど^^;

>何より、変形が(少なくともダンよりは)不可能じゃなさそうな当たりが

人型への変形は何とかなりそうなんですけどねぇ。
柄の部分が胴体の前後に来るときのサイズが何とかなればw
問題はビーストモードでドラゴン型に変形するときですね。
パーツがどう動いているのか、さっぱり分かりませんw
これは、磁石を使った組み換え変形が良さそうだと、当時は思ったもんです。

投稿: ぶらっくば~ど | 2007/02/17 23:42

> 大きな剣から人型へ、というのならやはり『轟世剣ダイ・ソード』を抜きには語れません。

あれは格好良かったし、後日談(ご自分での同人誌でしたが(^^;))も面白かったです。
何より、変形が(少なくともダンよりは)不可能じゃなさそうな当たりがげふんげふん。

> ダンのデザインは私もチャリオッツを連想していましたw

顔だか何だか分からないマスクとか、細身のプロポーションとかも、スタンドを思い出させましたね。

> 最近のGyaoっていい番組を揃えてるからいいですよね♪

全くです。ちょっと油断すると、サスライガー全話とか放映していて。
・・・オーガン警部って45歳だったんかよ、俺といくつも違わねーじゃん、とか打ちのめされたりとか(笑)。

> さすがに無理でしょうが、オリジナル7を出すツワモノのメーカーはいないもんでしょうかね~。あと、エルドラVも♪

エルドラVは泣けましたねー。
あの5機合体が再現されるなら買いますよ。
・・でも、ダイヤブロックで作った方が簡単な気もするデス。いやマジでやれそうな。

投稿: 腰原仁志 | 2007/02/16 21:34

待ってました、ダン・オブ・サーズデイ♪
変形機構を排除した分、抜群のプロポーションが魅力ですね。
ダンのデザインは私もチャリオッツを連想していましたw
私の地域でも未放送でしたので、DVDで視聴しましたが、
Gyaoでも放送されているのを先月知って再び再視聴してます^^
最近のGyaoっていい番組を揃えてるからいいですよね♪
さすがに無理でしょうが、オリジナル7を出すツワモノの
メーカーはいないもんでしょうかね~。あと、エルドラVも♪ 
・・・などと言う無茶を言ってみた。単なる願望です(^_^;)

投稿: うるぱぱ | 2007/02/15 09:04

 うちのほうでも放映してませんでしたが、そうですかGyaoでやってますか。最近あそこも見る時間がないもんなぁ……今度見てみます。

 大きな剣から人型へ、というのならやはり『轟世剣ダイ・ソード』を抜きには語れません。ダンとは随分違いますが(話もかなりベクトルが違うし)。以前も企画が流れたと噂に聞きますが、アニメ化せんかなぁ。できれば26話でみっちりと。

投稿: やずみ | 2007/02/15 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/13910916

この記事へのトラックバック一覧です: バカがヨロイでやってくる:

» GUN×SWORD(ガン×ソード)、GyaOで好評配信中 [ヒーロー★マテリアル]
まだ記憶に新しいテレビアニメ『GUN×SWORD(ガン×ソード)』が、1月14日 [続きを読む]

受信: 2007/02/15 08:58

« Say,Mark-Two | トップページ | 真実のバシュタール »