« S.R.C. | トップページ | 君を求めて砂塵を潜り »

2007/01/13

継ぐのは魂

Dsc01056
バイク」と「爆発」はワンセットが基本ですよね。
私たちの頭の中では。


ある日、スタイリッシュな1/6スケールのバイク模型が届きました。
HONDA-CBR1000RRの、特注カラーリング製品です。

Dsc01048
白と赤の鮮烈なカラーは、素直に格好良く、理由は分かりませんが、憧れと郷愁が錯綜します。
何故でしょうねぇ、不思議だなぁ。

Dsc01047
この製品にはデカールが付属し、好きなマークやスポンサー名を貼ることができます。
私は悩んだ末、おそらくレーシングチームのマークだと思われるものを貼りました。
何故それを選んだのでしょうねぇ、不思議だなぁ。
(というか、このアイテムを買うような人で、それ以外のマークを貼る方なんて、いるのでしょうか?)

さらに、やっぱり乗り手がいた方が様になるでしょうから、手近にいた1/6スケールの可動フィギュアを乗せてみました。
すると、不思議なことに(いい加減しつこい)。

Dsc01053
イメージがピッタリ、まさに完全無欠です。
まるで、サイク○ン号の爆音が聞こえてきそうです。
(全然伏せ字になっていません)
The First版の1号ライダーは、かつて初代サイクロン号にも乗せてみましたが、やっぱりこちらの方が断然似合いますね。グムゥ。

何だか最近紹介しているのは、商品名どころかどこの国で作られたのかすら明らかにし辛いアイテムばっかりのような気がしますが・・・。
ご多分に漏れず、このCBR1000RRも、出自が今ひとつ不明です。

しかし、どう考えても日本製ではない、と思われる理由があります。
実はシート内部に電池ボックスがあり、そこにボタン電池を入れてシートを押すと・・・。
ライトが点滅し、排気音が響きます。
そこまでは良いのですが、何故か一緒に、妙なロックンロールBGMとして響いてくるのです。
どうも、このセンスは理解できません。

「違うだろ!
 ここは『レッツゴーライダーキック』、
 もしくは『ロンリー仮面ライダー』だろ!」

と、一人ツッコミをしたくなります。
(まぁ、どっちもこのバイクの歌じゃないけど)

Dsc01054

まぁそんなことより。

仮面ライダー The Firstの1号ライダー(ショッカーでのコードネームは『ホッパー)を引っ張り出してきた以上、このネタをやらないわけには行きません。



Dsc01057
「本郷、お前は良いよなぁ・・・。
 専用のバイクまで買ってもらっちゃってさ・・・」

「い、いたのか一文字・・・」

|

« S.R.C. | トップページ | 君を求めて砂塵を潜り »

仮面の系譜」カテゴリの記事

コメント

> 「ディテールが違う」と自分に言い聞かせて
> 我慢しました。

やはり、風見・・もとい、立花のおやっさんの手が入っていないので、細かい部分は違うのでしょうね。

> でも、某レーシングチームのマークまで入っているなんて。

別に説明書も何もあるわけじゃなく、貼れとも何とも書いていないのですが・・・。
もう確信犯ですからね、これ(笑)。

> 先日のサイドマシーンもそうでしたが、この手のマシーンが国内で公然と販売されないのって、やはり如何なものかって気がしますな。

特撮のバイクは特に、そのキャラクターの版権を持っているところだけじゃなく、「協力:H○NDA」とか書いてあるところのOKももらわなきゃいけないので、大変なのでしょうね、販売許可が降りるのも。
とは言え・・・ねぇ・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2007/01/14 12:13

やはり買われましたか。僕も某東北のショップのHP
でみつけて、思わず買いそうになったんですが、
「ディテールが違う」と自分に言い聞かせて
我慢しました。でも、某レーシングチームのマーク
まで入っているなんて。少々の違いは目をつぶっても
良いくらいの、大迫力ですね。どーしようかなあ・・・。先日のサイドマシーンもそうでしたが、
この手のマシーンが国内で公然と販売されないのって、やはり如何なものかって気がしますな。

投稿: 光明寺雅人 | 2007/01/13 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/13462281

この記事へのトラックバック一覧です: 継ぐのは魂:

« S.R.C. | トップページ | 君を求めて砂塵を潜り »