« Remember YAMATO | トップページ | ブービー・トラップ »

2007/01/31

魂のルフラン

Dsc01114
バンダイの新シリーズ、魂SPEC
第一弾=XS-01は、新作映画も待ち遠しい「新世紀エヴァンゲリオン」より、汎用人型決戦兵器・エヴァンゲリオン初号機
」のブランドを掲げるくらいですから、確かにそのできばえにも「」を感じます。

Dsc01123
可動範囲は非常に広く、拘束具を着けた状態であっても、立て膝・ハイキック・大疾走などが思いのままです。
また材質の選択が巧く、重量が下半身に集中しています。そのため、滅多なことでは倒れません。スタンドが付属しないので、最初はちょっと心配でしたが、かなりダイナミックなポーズでも、安定して立たせておくことができます。

Dsc01118
両肘は2重関節で、肩のウェポンベイからナイフを取り出す仕草も楽々再現。
このウェポンベイがまた良くできていて、右肩はミサイルランチャー、左肩は設定通りに「左右装甲が展開→緑の三角部分も展開→プログレッシブナイフが前面に回転」
までを行えます。
またプロポーション重視の薄い肩まで付属し、気分によって交換することができます。

Dsc01121
ただ、頭部後ろに伸びる大きな飾りが付いているので、首を上に向けようとすると、猫背の背中に干渉してしまって、あまり動かせません。
設定通りなので致し方ないとはいえ、暴走して吠える状態が再現しづらいのは残念。
とはいえ、残念な部分なんて、ホントにそのくらいです。

Dsc01124
この初号機は、素体状態のエヴァに、各種拘束具を付けていく構造になっています。
しかし、普通に装甲を「着せていく」のではありません。足首や頭部は丸ごと差し替えですし、腹や脚の拘束具を着けるには、関節部分からそれぞれを外し、はめ込み直す方法を取っています。
また脚の拘束具などは、パネルラインから分割するようになっており、その精密さと相まって、腿の一体感を出すのに成功しています。
部品もかなり取れにくく、遊んでいてストレスを感じません。

これらの仕組みは、同じバンダイさんの「聖闘士聖衣神話」シリーズに通じるものがあります。おそらく、ここで培った技術がフィードバックされているのでしょう。
まさに「少年よ、神話になれ」ですね。

Dsc01116

ところで、冒頭の写真で使用している巨大剣、マゴロク・E・ソードですが。
この剣は、商品の存在を知っていらい、うちのマブの憧れの的でした。
彼は、うちに魂スペックが届いたことを知ると、喜んで飛んできました。
「とんたん、エヴァかして!
 あと、アレ!・・・あの剣も!」

「何」
「ほら、あの・・・す・・・スゴロク・ソード!

サイコロの出た目で攻撃力が変わるのかな。

|

« Remember YAMATO | トップページ | ブービー・トラップ »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> 確か大旋鬼頑駄無だったような・・・・・

デカいコマ(?)投げるやつでしたよね。
いたいた。
そのコマを装備すると、左右のバランスが凄いことになってしまうという・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2007/02/03 06:14

>サイコロの出た目で攻撃力が変わるのかな。

そんなBB戦士がいましたよね・・・確か大旋鬼頑駄無だったような・・・・・

投稿: フジイチ | 2007/02/01 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/13734907

この記事へのトラックバック一覧です: 魂のルフラン:

» 聖闘士星矢◆ 冥王ハーデス編 冥界編 [聖闘士聖衣神話 ]
“黄金聖闘士 / 青銅聖闘士(主に青銅聖闘士)”vs“冥闘士” ハーデスの本拠である、ダンテの『神曲』をモチーフにした地獄が舞台。 [続きを読む]

受信: 2007/02/03 20:15

« Remember YAMATO | トップページ | ブービー・トラップ »