« 完璧なるZECTOR | トップページ | サンダーバード6号 »

2006/11/17

不死鳥の砦

Dsc00751
ウルトラマンメビウスGUYS MACHINE SERIESDXフェニックスネスト
GUYS JAPANの基地であると同時に、最大・最強の戦闘機でもあります。

Dsc00758
背部から、付属のガンスピーダー(もちろんDXガンフェニックスのものも使えます)を入れ、司令室頂部のボタンを押すと、劇中通り、ガンスピーダーが基地内部を下降します。
(この写真で見えるかな?)

Dsc00757
基地前面にスロープと、DXガンフェニックスをセットしておくと、下降したガンスピーダーが、自動的にガンフェニックスに搭載されます。ガンローダー(ガンフェニックス後部)に「カシャッ」とはまる感覚はかなり気持ちよく、思わず
「♪ ワンダバワンダバ ワンダバダバダバ ♪
と口ずさんでしまいます。
ガンウィンガーも同様にセットできますが、残念ながら、ガンブースターは蚊帳の外です。

Dsc00754
そして最大の目玉、飛行形態・フェニックスネスト フライトモードにも変形できます。
ビルの外装の高さがそのままなので、何だか妙に「車高の高い車」みたいに見えますが、ご愛敬。

Dsc00756
もちろんオフィシャルではないですが、この変形途中の形態が、なんだか
「お座りしたドラゴン」
みたいで非常に愛らしく、うちではこの状態で飾っています。

さて、ウルトラマンメビウスは、現在「ウルトラシリーズ中、空前絶後の展開」となっている(そう)ですね。私の地方では、ようやくこのフェニックスネストが登場するか?というところですので、詳細は敢えて書きません。
しかし、こぼれてくる噂を聞くに付け、
「やってくれるなぁ」
と、心から感嘆を覚えます。

ここまで、大人も子供も巻き込んで夢中にさせるウルトラマンというものは、久しくなかったように思います。
我が家では、マブが大好きなのはもちろんですが、うちの
「なんか久しぶりに『ウルトラマンって面白い』と思ったわ」
というほどです。

かつて、ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブンの人気によって、「第1次怪獣ブーム」と呼ばれた時代がありました。
その後、帰ってきたウルトラマンを始めとする「第2次怪獣ブーム」が起きましたが、オイルショックなどの影響もあり、ウルトラマンレオを最後に、しばらくその系譜は途絶えました。

記憶だけなので曖昧ですが、その当時、新聞にこんなコメントがあったように思います。

「(怪獣番組は)
 子供の心をもつ大人が、夢中になって作った積み木だった。
 いつしかそれは、ただの大人が無理に作るようになった。
 そして積み木は崩れたのだ」

(その後、正確にはこのような記述だったことを教えて頂きました。
引用元:「ウルトラ38番目の弟」様)

そのコメントが、的確だったのかどうかは知りません。
しかし、メビウスこそは
「どんな希望も 積み上げながら」
輝く最終回となりますように、と祈っています。

|

« 完璧なるZECTOR | トップページ | サンダーバード6号 »

特撮コレクション」カテゴリの記事

コメント

> バビル二世の、ヨミの移動要塞V号に似てると思うのは私だけでしょうか?(爆)

そういや確かに。
下半身をブッたぎられたⅤ号に似ています(笑)。
というかこのフェニックスネスト、空を飛ぶにはあまりにもバランスが酷そうなんですが・・・。
恐るべし、超絶科学メテオール。

投稿: 腰原仁志 | 2006/11/21 18:45

バビル二世の、ヨミの移動要塞V号に似てると思うのは私だけでしょうか?(爆)

投稿: キングスネーカー | 2006/11/20 19:34

> Xボンバー! Xボンバーじゃないかっ。

ぶわははは!あれホントだ!
何で気が付かなかったんだろう、というような収斂進化ですね。
でもXボンバーの方が格好良・・・いや何でも・・・。

> レオに関しては以下のサイトの解説で記憶を補完。

私も補完させて頂きました。
情報ありがとうございます。
そうそう、確かにこういう新聞コラムでした。
(かなりうろ覚えでしたな>私)
レオが宇宙を飛行する写真が添付されていたと記憶しています。

新聞のコラムについては、私も同意見です。
「言いたいことは分かるが、だが、
・・・それでも俺たちは、レオが好きだった。
アンタはどうだったんだ?」
という気持ちでした。

> 同年代として言わせてもらうと、やはり主題歌は
> 初代のほうが好きだったので、いくつか
> 同意できないのは嗜好のせいなんだろうなぁ……。

私もやっぱり、最初の主題歌の方が好き・・・というかあれはウルトラシリーズ屈指の名曲・・・です。

> 私の地域でもメビウスは3ヶ月遅れの朝方5時15分からの
> 放送ですからね~(-_-;)
> 皆が盛り上げっている時に一緒にはしゃげないのが
> 残念なのだわさ(T_T)

そうなんですよ~。
なんかえらいことになってるそうですが、コレこそ何の情報もなしで見て、ひっくり返りたかったというのが本音です。
このネット社会じゃ、そうも行きませんが。

> 話には聞いてましたが、主要キャラ達が迎える悲劇には
> ショックを受けたものでした。

ウルトラシリーズって、主人公の周りの人間は、かなり不幸な目に遭うことが珍しくないですよね。
帰ってきたウルトラマンとレオは双峰ですが。
ネクサスもキツかったなぁ・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2006/11/19 04:34

私の地域でもメビウスは3ヶ月遅れの朝方5時15分からの
放送ですからね~(-_-;)
皆が盛り上げっている時に一緒にはしゃげないのが
残念なのだわさ(T_T)

個人的に私が昭和シリーズで一番好きだったのは
レオだったりします。でも、父親の転勤で途中までしか
観れなくて、シルバーブルーメの襲来は知らないのです。
話には聞いてましたが、主要キャラ達が迎える悲劇には
ショックを受けたものでした。

今回の記事で仮に各国のGUYS基地までが変形機構を
持っていて、編隊組んで飛んでたら・・・などと言う
とんでもない妄想をしてしまいましたw

投稿: うるぱぱ | 2006/11/18 21:15

 Xボンバー! Xボンバーじゃないかっ。

 いや失礼。しかしデカい本体、前後からはX字に(下は実際動かせないようだけど)見えなくもない翼、首を伸ばした鳥のような前部など、全体のパーツ配分はそっくりだなぁ。

 レオの時の新聞記事は私は覚えてません(当時地方新聞しか家にありませんでしたし)。あとで聞いた感じでは、まあ言いたいこともわかるなと思ったものですが(もっとも違和感を持ってたのは一部の設定や話だけで、全体的にはレオまではずっと好きで観てました。80は微妙)。

 レオに関しては以下のサイトの解説で記憶を補完。ここでも件の新聞のコラムに関して少し言及してますが、関東などでは当時の子供にとってかなり印象的な記事だったんでしょうね。

http://www7.plala.or.jp/shoryu/ultramanleo.html
http://www7.plala.or.jp/shoryu/ultramanleostory4.html#%82%B3%82%E6%82%A4%82%C8%82%E7%83%8C%83I%81I%81@%91%BE%97z%82%D6%82%CC%8Fo%94%AD

 ちなみに『心にウルトラマンレオ』という解説本でもそのコラムについて書かれてるそうです(未読)。
 以下のような感想もあって、当時リアルタイムに観ていた視聴者としてはどう考えていいものやら。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/zunzun/chara03.html

 同年代として言わせてもらうと、やはり主題歌は初代のほうが好きだったので、いくつか同意できないのは嗜好のせいなんだろうなぁ……。

投稿: やずみ | 2006/11/18 05:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/12724489

この記事へのトラックバック一覧です: 不死鳥の砦:

« 完璧なるZECTOR | トップページ | サンダーバード6号 »