« 正義と悪との青と赤 | トップページ | ビバ!ジャッキアップ! »

2006/07/29

ゆくぞ黄金戦士

Dsc00181
Dsc00184

金色に輝く美しいライターが・・・

Dsc00178

レインボー・ロードを通り抜けると・・・

Dsc00170

無敵のロボに変わるんだ!

超合金魂・GX-32ゴールドライタン
クリスタルカットの輝き、そして18金の金メッキが眩いほどに心を打ちます。
変形機構は、当時のものよりも幾分複雑になっていますが、プロポーションは段違いに良くなっています。
脛の裏と手首をカバーするパーツも付属し、変形より見栄えを優先させることも出来ます。また腕も脚も可動範囲は非常に広く、体型からは信じられないほど良く動きます。

Dsc00174

必殺のゴールドクラッシュ(=ブッチャー地獄突き)も再現。
もう目がクラクラします。

Dsc00180_1

ゴールドライタンの最大の魅力は、大人のシンボリックアイテムだった「ライター」が変形してロボットになること・・・つまり、子供の憧れが、身近にいてくれる存在になることでした。
そのために必要な要素は、「適度なサイズ」そして「重量感」です。
大きすぎても、小さすぎてもダメで、ちょうど胸ポケットに入る「親友」
なんて素晴らしいコンセプトでしょう。

デザインが発表された当時は
「何だこの直方体は」(^^;)
と思ったものですが、それがアニメとして姿を得、そして玩具として形を得ると・・・。
あんなに存在感溢れる、格好いいものになろうとは。

80年代放映当時の超合金も、工芸品のように素晴らしい出来映えでした。商品としても大ヒット作でしたから、我が家にもライタン軍団が何人かいました。
私たちが胸ポケットに入れて連れ歩くうち、いつの間にか、メカ次元に帰ってしまったようですが・・・。

しかしライタン軍団のリーダーは、新たな輝きを得て戻ってきてくれました。こんなに嬉しいことがあるでしょうか。
しばらくは、あの頃のように、胸ポケットに入れて連れ歩きたい気分です。

|

« 正義と悪との青と赤 | トップページ | ビバ!ジャッキアップ! »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> 良いっすよねーこの大きさにこの重量感!!

私もマブもうっとりです。
無駄なまでの豪華さがたまりませんね。

> まぁとにかく愛川欽也にキラキラなので、指紋が付きまくりなのは困りものですが

もう本気で、指紋拭き用に、何か専門の布でも購入しようかと。

◆ライタン軍団
> 今回の説明書でこんなに種類があった事を初めて知りました。

私も後期の数種類は知りませんでした。
TVに登場しないものまで発売されるなんて、ホントによく売れたんですね。

投稿: 腰原仁志 | 2006/07/30 17:34


あっ♪腰原さんも購入されましたね♪
良いっすよねーこの大きさにこの重量感!!
まぁとにかく愛川欽也にキラキラなので、指紋が付きまくりなのは困りものですが、手に取って遊んでるとウットリしちゃいます(^^)。

◆ライタン軍団
いいなーウチには来てくれなかったなぁ(^_^)。
今回の説明書でこんなに種類があった事を初めて知りました。
復刻版の6体セットも良いのですが、お値段もヨイからなぁ(^^;。


投稿: カモタロー | 2006/07/30 01:01

> 幼少時、クリスマスプレゼントに、
> ゴールドライタンを頼んだら、
> 翌朝、デンジライタンが枕元にありました・・・。

ううう。涙なしには語れない思い出ですね。
サンタさんの志にはとても感謝するんですが、でも、
「コレジャナイ・・・」

でもほら、メカニックライタンとかでないだけまだ救いが・・・(あるのか?)。

投稿: 腰原仁志 | 2006/07/29 21:34

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
ゴールドライタンですかぁ~。
幼少時、クリスマスプレゼントに、
ゴールドライタンを頼んだら、
翌朝、デンジライタンが枕元にありました・・・。

投稿: 超電寺 | 2006/07/29 02:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/11135734

この記事へのトラックバック一覧です: ゆくぞ黄金戦士:

» 黒亜鉛メッキの変更実例 [RoHS 規制物質の対応実例ならここ!]
環境規制の対応実例を紹介。黒亜鉛メッキの対応変更を行います。 [続きを読む]

受信: 2006/08/08 22:18

« 正義と悪との青と赤 | トップページ | ビバ!ジャッキアップ! »