« 地球の夜明けはもう近い | トップページ | Fly me to the moon »

2006/05/25

リボルテック・プロモーション

Dsc04378

雑誌・「フィギュア王100号特別付録エヴァンゲリオン零号機(光の巨人ver)。
海洋堂のリボルテックシリーズの、最新作ということになります。
しかし、まだ本来のエヴァシリーズが発売されていないというのに、先行してクリアイエローの特別製を、しかも雑誌の付録として配布してしまうとは、さすがは海洋堂変な凄い会社です。

可動に関しては、リボルバー・ジョイントの本領発揮という感じで、ポーズ付けが楽しくてなりません。実に良く動きます。
またこの零号機は透明なので、リボルテックの独特な関節の仕込み方が良く分かります。
腰の回転軸は、敢えて中心からずらしていたり、首には2重のジョイント(S字型に曲がる)を使っていたり。

Dsc04377

それが最も顕著なのは、この膝関節
よく見ると、足が真っ直ぐな状態でも、リボルバー・ジョイントは「の字型」になっていることが分かります。
つまり、前後どちらにも同じだけ曲がるようにしているのではなく、(脚の場合は)後ろ側により広く曲げられるよう、最初から関節を前側に曲げて仕込んであるのです。
なるほどー、と思わずメモをしたくなるような発想です。

Dsc04394

手首にもその仕組みが応用されているので、上の写真のように、正面に向かって槍を向けるというようなポーズでも難なくこなせます。お見事です。

普通のフィギュアは、クリア版なんてあんまり嬉しくないものですが、このリボルテックに限っては、仕組みを隅々まで堪能できる、意義のあるクリア版だと思います。
しかも雑誌の付録だなんて・・・。
販促としては非常に思い切った、しかもかなり有効なアイテムだと思います。

|

« 地球の夜明けはもう近い | トップページ | Fly me to the moon »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

> 付録につられて買っちゃった(笑)。
> それも2冊(大笑)。

うわ!それは豪気!(笑)
しかし改造素体としてはもってこいですね。
なんせ雑誌の付録だし、武器がないとは言え、本物買うよりも安いと来てます。

> 今度実家に帰ったときに、件のジョイントロボを発掘して・・・と 企んでるわけでして。

おお!そりゃいいですね!
出来上がったらぜひ拝見したいです。

しかしジョイントロボなんていうレアものを使うなんて、さすがに豪気すぎて私には真似できません(^^;)。
再販のかかっているスーパーロボットのプラモも、「外側」としては良いかも知れませんね。

投稿: 腰原仁志 | 2006/05/31 22:15

付録につられて買っちゃった(笑)。
それも2冊(大笑)。

それはですね・・・

今度実家に帰ったときに、件のジョイントロボを発掘して・・・と 企んでるわけでして。

発掘に失敗したら、作りかけの伝説の巨神(アオシマのプラモ)を復活させてやりたいな、なんて考えてます。

発掘・・・蘭堂一家のようになったらどうしよう(大笑)?

投稿: しんさん | 2006/05/31 11:30

> ところでこの黄色い子が使っている槍は何ですか?

確か、ユージンの「一騎当千」、関羽の持っていた竜頭の槍だと思います。
そのままだと先端の軸が太すぎて持たせられないのですが、中央で分割できるようになっているので、いったん外して差し込み直しています。

投稿: 腰原仁志 | 2006/05/27 07:41

この様子なら、初号機の出来映えも期待できそうですね。

ところでこの黄色い子が使っている槍は何ですか?
どこかで見たことがあるような気もするんですけど、思い出せなくて。

投稿: ZIN | 2006/05/26 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/10238711

この記事へのトラックバック一覧です: リボルテック・プロモーション:

« 地球の夜明けはもう近い | トップページ | Fly me to the moon »