« 大冒険の始まり | トップページ | 叡智の創造神 »

2006/03/01

ジオン驚異のメカニズム

dsc04028

ZEONOGRAPHY #3009b、シャア専用ズゴック
ズゴックは、ジオンの誇る水中用モビルスーツの傑作です。
このフィギュアでは、そのふてぶてしさとかっこよさを十二分に感じられ、プロポーションもディテールも文句なし。
腕のツメは3本のものと4本のものとが付属し、それぞれ開閉が可能です。
ただ可動範囲は、HGUC(プラモデル)などと比べると狭く、お約束の立て膝とか、ジムをぶち抜くシーンの再現には、少々厳しいものがあります。

しかし、この商品の本領はこれからですよ。

ズゴックをバラバラにし、内蔵機構と腕・足の蛇腹を残して、パーツ交換すると・・・。

dsc04024

なんと、幻のモビルスーツ、ゾゴックが出来上がります。
独特のプロポーション、シャープな造形、硬質の手触り。
一世を風靡した初代プラモデルを知っている人間なら、涙が出そうな素晴らしい出来映えです。
伸縮自在のアームパンチも差し替えで再現できますが、これがまた、ただの差し替えパーツではありません。3cmほどの長さのものが1対と、それとは別に、蛇腹が1個1個バラバラになる(長さを調整できる)ものが1対付属します。
全部使えば、ここまで伸ばせます。

dsc04025

何て気の利いた、おバカな仕様でしょう!
(念のため言いますが、誉めてます

さらにバカなことに重ねて言いますが、誉めてます)、パーツをもっと交換すると。

dsc04031

なんとさらに、幻のモビルスーツ、アッグにまで換装できます。
ここまで来ると、ズゴックとの共通パーツは胴体内部と腕のみですけどね。
分不相応に大きなドリル、短くてトコトコした脚、いっしょうけんめいがんばっている両肩のノコギリ・・・。
何て凶悪にラブリーなんでしょう。

dsc04019

腕のドリルは、ミサイルランチャーアームに交換することも可能です。

また、これらの換装パーツは全て互換性があるため、こんなこともできます。

dsc04029
dsc04027
dsc04030

気分はもう「ズゴックくん変身セット」。
まさにジオン驚異のメカニズムです。
ここまで来たら、アッガイと換装できるジュアッグ・アッグガイのセットも、きっと私が死ぬまでには発売されることでしょう。
良い宇宙世紀になったものです。

オマケ

dsc04022
♪ は~い ビートン
     わたしのビートン 

え?
今の子は、ろぼっ子ビートンを知らないデスか?

|

« 大冒険の始まり | トップページ | 叡智の創造神 »

明日は宇宙世紀」カテゴリの記事

コメント

何でこんなに伸びてるんだ、このコメント(^^;)。

> ジオノ棚
> モノアイだらけの満員電車状態になってます(爆) スカートの中は秘密の香り(核爆) 

そりゃ見たいですね。いや、スカートの中の話じゃないですよ(笑)。

> 勿論今までのものもコンパチや色変えはその数だけ勝ってますが何か?w

凄い!漢(おとこ)だ!ジオニストの漢だ!

> 次回はゴッドとノーベルの浮気セットらしいです。

こっちも楽しみですね。さすがにあの2体じゃ、換装パーツなんてないでしょうしね。対決させるのに2個買わなくちゃいけなくなるのだけは勘弁です。

> ゾゴック
> ガンプラが売れに売れ、手駒が無くなったので無理やり発売された例のブツですね(^^)。

首のないスタイルといい、モノアイといい、巨大な手といい、
「モビルスーツ・ジャミラ」
もしくは
「名実ともに『サイクロプス隊専用MS』」
ですな。

> ズゴック変身セット

> 下の方のズゴック両手ドリルを見ると、差し替え方法は「もしや磁石?」とか思っちゃいますね♪

うーでが飛び出すババンバン!
でも、これ、磁石でカッチンカッチンくっつくようにしてもらったら、かなり遊べるものになるような気がします。

> 画像が下に行くにつれ『ジオン脅威のメカニズム』(懐かしいフレーズだ)と云うより『今週のビックリどっきりメカ~』と思っちゃいました(あはは)。

メカデザイナーさん同じですから、多分それで正解かと(笑)。

> ロボっ子ビートン
> ビートン笑ってるー♪
> お腹の中のリモコンが

コチョコチョぼーくを くすぐるのぉ♪

しかし、「リモコンを自分のお腹の中にしまっちゃったから、自律判断ができるようになったロボット」って、・・・凄いシステムですなぁ・・・。

>  たしか、ビートンは…、
> 主人公の少年が、差出人不明で配達されてきた(←今ではとてもやれない設定)ロボット玩具を、あてずっぽうで組み立てたものの
(以下略)

なんかそんな話でしたね。
確か部品余ってたし。

> 起動方法がわからないので、とりあえず配線のはじっこを100ボルト・コンセントに突っ込んでみたら(←今じゃ絶対に放映不可能!)、なぜか知性を持っちゃった…

そこはまるっきり忘れてました。
死なないのか主人公(^^;)。
まさに、天才とナントカは紙一重です。

> …しかし、あの番組に出ていた「ガキおやじ」に、まさに自分がなろうとは思いもよらなかったでしょう。

あの当時、ガキおやじは、自分の部屋に一杯オモチャため込んでるわ、子供の世界にドンドコしゃしゃり出てくるわ、ホントに「ウザったいおやじだなぁ」と思ってました。

今、しみじみと我が身を見ますに、
「お・・・俺たちのことかぁっ?!」(笑)

答えて下さい安彦先生!

投稿: 腰原仁志 | 2006/03/02 22:37

 たしか、ビートンは…、
主人公の少年が、差出人不明で配達されてきた(←今ではとてもやれない設定)ロボット玩具を、あてずっぽうで組み立てたものの、起動方法がわからないので、とりあえず配線のはじっこを100ボルト・コンセントに突っ込んでみたら(←今じゃ絶対に放映不可能!)、なぜか知性を持っちゃった…
…という第一話だったように記憶しています。

 中身はともかく、外観はキットのままじゃないかとおもうのですが…どなたかビデオをお持ちの方、へるぷあす!

投稿: ヨモスエ | 2006/03/02 20:23

ビートン笑ってるー♪
お腹の中のリモコンが
 記憶違いだったら申し訳ないんですけど
ビートンって間違えて組立たからあの格好に
なっちゃったんですよね?
 正しく組立たらどうなったんでしょうか?

 いやズゴックと全然関係なくてすいませんが・・・

投稿: G軍曹 | 2006/03/02 01:16

うぬぅ、まだこれは買ってないんですよね~。GFFシリーズ(ジオノ、コズミック含む)は全部買ってるんですが、段々飾る場所が追いつかなくなってきました(^^; ジオノ棚なんて、モノアイだらけの満員電車状態になってます(爆) スカートの中は秘密の香り(核爆) 

 今回のズゴック変身セット(違)は正直迷ってます。買うか買わないかじゃなくて、幾つ買うかですが(笑) 勿論今までのものもコンパチや色変えはその数だけ勝ってますが何か?w

 次回はゴッドとノーベルの浮気セットらしいです。Gガン大好き野郎としては師匠やシャイニングも出して欲しい所です。あ、勿論マスターはクーロンとコンパチですよね、バンダイさん?

投稿: BAG | 2006/03/02 00:12

■ゾゴックっ!!
ガンプラが売れに売れ、手駒が無くなったので無理やり発売された例のブツですね(^^)。
いやぁ今見ても凶悪なスタイル(^^;。

でもすいません。
画像が下に行くにつれ
『ジオン脅威のメカニズム』(懐かしいフレーズだ)と云うより
『今週のビックリどっきりメカ~』と思っちゃいました(あはは)。

投稿: カモタロー | 2006/03/01 23:47

うーんスゴイ。アッグかっちょえー。
しかし、ここまで別物になると、もはや換装する意味すら無いですなー(笑)。
しかし、毎回このシリーズはほぼ2体(今回は3体?)分のパーツが入っているのに、
並べて飾れないのが難点ですね。
コストパフォーマンスが良いのか悪いのかよくわからん。

…そういえば、マクロス本放送時に、デストロイド3体
(トマホーク・ディフェンダー・ファランクス)に換装できる玩具がありましたな。
買っときゃよかった。

>え?
>今の子は、ろぼっ子ビートンを知らないデスか?

「ガンダムと同じ人が描いていた」ということすら知らないかもしれませんね。
…しかし、あの番組に出ていた「ガキおやじ」に、まさに自分がなろうとは
思いもよらなかったでしょう。お互い様ですが!!(苦笑)

投稿: 腰原(弟) | 2006/03/01 23:44

下の方のズゴック両手ドリルを見ると、差し替え方法は「もしや磁石?」とか思っちゃいますね♪

ビートンは水陸両用じゃあまずいですよ・・・錆びますしw

投稿: MUF@邪馬台帝国♪ | 2006/03/01 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/8898342

この記事へのトラックバック一覧です: ジオン驚異のメカニズム:

« 大冒険の始まり | トップページ | 叡智の創造神 »