« 鬼神覚声 | トップページ | 嵐を呼ぶ復古列伝 »

2006/02/12

唸る巨体 神の化身

dsc03946

MAX合金超関節可動ゴーダンナー(ツインドライブモード)。

dsc03944

マッシブなプロポーションと美しい塗装が、ひときわ目を引きます。
しかし、この製品の極意はこれからです。

dsc03943
どおりゃぁっ!

dsc03940
ふんっ!

dsc03959
てぇぇぇい!

フォルムからは想像付かないほど、各関節はよく動き、曲がり、決まります。
特に、この上の写真のハイキックは、スタンドなしでこのまま自立しているのです。
関節の強度と、下半身にきちんと重心を設定してある材質配分(合金の殆どは下半身)のおかげでしょう。
また上半身も、胸と腹と腰の3連関節により、胸を反らしたりかがんだり捻ったり、生き生きとしたポーズを付けられます。
デザイン上、腕や足はほぼ筒のようなものですが、それらの関節を曲げた時に装甲が内部に沈み込むようになっているので、ここまでのポーズ付けが可能なのです。

dsc03947

さらに、付属のセレブレイド(剣)に至っては、まさに冗談のような長さ
初めて装備させた時は、あまりのことについ笑ってしまいました。

dsc03948

綺麗、重い、格好いい、
動く、動く、ガシガシ動く。
超関節可動の名に恥じない、素晴らしい出来映えです。

・・・ところが、うちのゴーダンナーは、そうやってガシガシ遊んでいたために、腿のあたりの塗装が削れてきてしまいました。
見つけた時はちょっとショックでしたが、よく考えたら
ゴーダンナーにとっては、戦うために傷つくこと、それは勲章です。
何を気にする必要があるでしょう。

というわけで、今日もガシガシ遊びます。
遊ばなくちゃ、作ってくれた方々に申し訳ないよ。

「ソォォォル!ブレイカー!」

|

« 鬼神覚声 | トップページ | 嵐を呼ぶ復古列伝 »

鋼鉄の凱歌」カテゴリの記事

コメント

> 何 故 私 の ガ ン プ ラ よ り
> 可 動 範 囲 が 大 き い の か ?

全ては地球の平和のためだぁっ!

(答えてない)

> なんだか周りの景色が歪んできたぞ?
> あ、なんだ目から汗が出てたのか。

「涙は心の汗だ
 たっぷり流してみようよ
 二度と戻らない今日のために」

という歌が昔ありましてな(おぢさん)。

まぁボケはこのくらいにして、実際問題としては、ガッチリとよくできている関節と重い合金部分が、安定感を出すのに一役買っていると思います。

投稿: 腰原仁志 | 2006/02/15 22:45

この番組をほとんど知らないので、
ネタは提供できませんが質問はあります。

 何 故 私 の ガ ン プ ラ よ り
 可 動 範 囲 が 大 き い の か ?

なんだか周りの景色が歪んできたぞ?
あ、なんだ目から汗が出てたのか。

・・・
畜生(泣

投稿: サバンナ | 2006/02/15 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/8615419

この記事へのトラックバック一覧です: 唸る巨体 神の化身:

« 鬼神覚声 | トップページ | 嵐を呼ぶ復古列伝 »