« 最後の勇者王 | トップページ | 黄金の総司令 »

2006/01/17

俺一人で良い

dsc03830

タイムハウスマニアックス・Vol.29アナザーアギト
天才外科医・木野薫が変身した姿ですが、アギト自体よりもギルス、いやアンノウンに近い異形のデザインでした。
製品は、その禍々しい雰囲気を良く再現しています。
背中から生えたマフラー(!)にはワイヤーが入っており、好きな形で曲げて固定することができます。
口のクラッシャーも、別パーツで隠すことができます。

ただ、体中のソフビ製ヨロイが固いため、可動範囲はそれほど広くありません。
膝のアーマーも繋がっているし、踵に長いクローが生えているため、あまり膝を曲げることができません。
ここら辺はちょっと残念なところです。

さて、アナザーアギト・・・木野薫は放映当時、私たち中年・・・いや、一応「少年と呼ぶには年を取りすぎた男たち」としておくか・・・の憧れの的でした。
だって、(設定だと)40歳を過ぎているのに、仮面ライダーになれたんですよ。
こんな羨ましい人生があるでしょうか!(そうか?)

登場は番組中盤でしたが、強烈な強さとカリスマ性、そして
「アギトは俺一人で良い」
と言い放って、味方も攻撃しちゃうお茶目さ(笑)。
これで、私たちのハートを掴まないわけがありません。

様々な葛藤を乗り越え、最後は致命傷を負いながら、アギト=翔一の手術を成功させます。
そして、将来に絶望していた青年に
「俺、木野さんみたいな医者になりたい」
と言わしめるほどになりながら、ひっそりとこの世を去りました。

こんな羨ましい人生があるでしょうか!(いや、まだ死にたくないけど)

|

« 最後の勇者王 | トップページ | 黄金の総司令 »

仮面の系譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/8196749

この記事へのトラックバック一覧です: 俺一人で良い:

« 最後の勇者王 | トップページ | 黄金の総司令 »