« 正義のバッタ | トップページ | 漆黒の”烈火” »

2005/12/11

本当の宝物

dsc03741

マスターピース・キングエクスカイザー
カーモードからロボットモードに変形したエクスカイザーが、キングローダーを呼び出し、巨大合体して完成します。
当時の商品「巨大合体キングエクスカイザー」も、同様な変形合体はできましたが、合体後は肘以外の可動部がありませんでした。

dsc03736

そこへ行くと、さすがに21世紀の勇者は違います。
中のエクスカイザーがフル可動なのはもちろん、こうやって巨大合体を行うのに、合体後もちゃあんとバリバリ動かすことができますから。
キングローダー内部も、細かいフレームが塗装されていたり、非常にメカニックぽい作りになっています。

dsc03738

エクスカイザーの合体は、その後の勇者ロボとは異なり、どちらかというとゴーディアンかバイカンフーっぽい形式です。
このパワーローダーのような合体完了直前の状態には、何だか心惹かれるものがあります。

dsc03740

合体後のフォルムは、何となく胴体が短すぎ、股が太すぎるような気がしますが・・・どう考えても、アレのためでしょうね、きっと。

さて。

エクスカイザーは、勇者シリーズ最初のヒーローとして
「少年の成長」「勇者との絆」「(いわゆる)グレート合体」
など、その後の方向性を決めた、記念すべき存在です。
最終回では、少年と勇者との別れが描かれますが、それが(おそらく)永遠の別れになるのは、勇者シリーズ通してエクスカイザーとダ・ガーンしかありません。
(他の連中は「別れたけど戻って来ちゃった」り、そもそも少年は話の本筋に関係なかったり、とかですしね)

しかしそれだけに、エクスカイザーとコウタとの別れは印象的でした。
既に反応しなくなったカイザーブレスに問いかけるコウタ。
彼にとっては、その思い出こそが「本当の宝物」なのだと思います。

dsc03735

|

« 正義のバッタ | トップページ | 漆黒の”烈火” »

それでこそ勇者だ」カテゴリの記事

コメント

ヨモスエは 余計な事しか 言わない

投稿: たばー | 2010/01/01 13:42

> しかし、その後、プレステ用ゲーム「ブレイブ・サーガ」で、あっさり再会してしまいます。

ぶぶっ!ええっ、そうなん?
まさに感動台無しじゃないスか?!
最終回で泣いた私がバカみたいッスよ!(^^;)

ああ・・・あのゲーム、プレイしなくて良かった・・・。

投稿: 腰原仁志 | 2005/12/14 21:52

しかし、その後、プレステ用ゲーム「ブレイブ・サーガ」で、あっさり再会してしまいます。
 感動台無し。

投稿: ヨモスエ | 2005/12/14 17:50

どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

> 勇者エクスカイザー最終回、
「また会える?」とたずねるコウタ少年に、
約束は出来ないけど、宇宙のどこにいても、私は君を見守っている。というような、返事をしたのが、とても印象に残っています。

あれは本当に良いシーンでしたね。
エクスカイザーの「コウタとの約束だからこそ、絶対に守る、そして守れない約束はしない」という信念がウルウル来ました。

> 安易に再会の約束をしないエクスカイザーに、さみしさと同時に、誠実さを、感じたのだと思います

エクスカイザーは「大切な友」であり、同時に「教え導いてくれたオトナ」でもありましたね。
勇者シリーズでは、この「友」以外の立場が、みな微妙に異なっているのも面白かったです。

投稿: 腰原仁志 | 2005/12/13 20:46

はじめましてです。
勇者エクスカイザー最終回、
「また会える?」とたずねるコウタ少年に、
約束は出来ないけど、宇宙のどこにいても、私は君を見守っている。というような、返事をしたのが、とても印象に残っています。
安易に再会の約束をしないエクスカイザーに、さみしさと同時に、誠実さを、感じたのだと思います

投稿: アツシ | 2005/12/12 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59744/7570145

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の宝物:

« 正義のバッタ | トップページ | 漆黒の”烈火” »