2024/03/02

バクアゲ合体!

20240302_110016_952

バクアゲだぜ!

この記事は3月2日現在、「爆上戦隊ブンブンジャー」のネタバレを含みます。本編を楽しみにされている方はご注意ください。


20240302_105721_615

 アクセル全開!!ブンブンジャー爆上スタートセットwithブンブンスーパーカー。ブンブンジャーの変身アイテムと、合体ロボのセットです。写真右の黒い車は、初回限定のブンブンスーパーカー。


20240302_105742_806

まずは変身アイテム・ブンブンチェンジャー。写真右の銀色の部品がアクセル相当で、そこを押すことにより「ブンブンブン!」「バクアゲタイヤ!」などと台詞を発します。声はポケモンのサトシで世界的に有名なあの方。本当に楽しそうに話すので、こちらの気分もバクアゲです。


2024030001

続いてブンブンカーたち。写真上がブンブントレーラー、下が左からブンブンオフロード、ブンブンワゴン、ブンブンスーパーカー。現状はスーパーカーのみただのミニカーですが、他の連中はギミック山積みです。


20240302_110337_582

ブンブントレーラーは展開し、ゲートモードになります。開いたレールにブンブンカーをセット、台座ごと押し込んでゲートをくぐらせると。


20240302_110312_561

車体下部のスイッチが押され、アタックモードに変形します。オフロードからでかい剣(パイルバンカー?)が出てくるのは面白いですね。なお映像見たら、ドライバーでしたねここ。


20240302_110518_719

ピンクは大きな左腕みたいなものになります。


20240302_110629_024

ブンブントレーラーはそのまま左右の装甲を回転し……、


20240302_110724_212

立ち上がって、サイドカバーを倒します。


20240302_110900_903 20240302_110922_635

頭部は後輪が展開しますが、左右に分かれて片方のタイヤだけが前に来ます。ブンブンジャー本人たちと同様に、頭の正面に一輪のタイヤが来るデザインなのですね。

20240302_111019_739

こうしてブンブンジャーロボの基本形態になります。これだけでも十分ロボに見えますが、先ほどのアタックモードに変形した2機を両腕のレールにスライドして……。


20240302_111143_338

バクアゲ合体の完成!
要は両腕に武装しているだけですが、全体のバランスが良く、白いボディも斬新です。


20240302_111243_185

なお付属のブンボット……今の時点では何だかわかりません……には、ブンブンジャーロボのための別の顔が用意されています。


20240302_111336_704

どうやらこの顔は、戦闘状態ではない際の普段の顔らしいですね。なんでそれが別の小型ロボ(?)に内蔵されているのか分かりませんが、本編を楽しみにします。

20240302_111738_311

可動域はこのくらい。正直、ドンオニタイジンやキングオージャーの可動には全く足りません。しかし今回の方向性は明らかに「子供が楽しめる」方にギヤを入れていますから、これでいいんでしょう。


20240302_111809_277

またブンブンジャーロボ自体にも、ブンブンチェンジャーを合体させることができます。本編ではロボ自体がサトシの声でしゃべるそうですから、実にぴったりですね。


20240302_154056_294

なお合体レールは両脚にもあり、そっちは回転するので、こういう4連武装も可能です。


20240302_171701_837

また開いた下半身は、なんか合体用の上半身みたいにすることができます。いやこんな簡単だとは全然思ってないけど、こういういろんな合体パターンを想像できるのは、この時期だけの特権。また楽しい1年になると良いですね。


【以下は関連商品をAmazonで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

2024030003

DXブンブンジャーロボ

2024030004

DXブンブンチェンジャー

 

| | コメント (0)

2024/02/24

河を渡って木立を抜けて

20240223_191333_367

サイクロプス隊、強襲!


20240223_191921_133

METAL BUILD・ケンプファー。「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場した強襲用MS、重火力と高機動力を両立させた上に現地での組み立ても可能という、当時にしてはハイスペック過ぎるシロモノ。その分装甲が薄いという弱点がありますが、どうもそれは後付け設定らしいですね。


20240223_190530_780

体中に武器を取り付けられ、背部にはチェーンマインラックを装備。このラックにもウェポンジョイントがあるので、好きな部位に好きな武器を用意しておけます。まさに動く武器庫。


20240223_192203_465

主力武器のポンプアップ式ショットガン。武装の細部もそうなんですが、特にこの「武器保持手首」の指の角度が、なんか非常にしっくりいていてとってもいい感じ。


20240223_205507_294

背部に装備したバズーカはアームで保持されており、そこから取り外さなくても、腰だめ射撃ならアームに付いたまま可能です。サイコ・ザクもそうだったけど、こういう補助アームで武装を手腕の届くところに持ってくる仕組みっていいよね。


20240223_191658_979

また、ケンプファーとしてはたぶん史上初、他のMSでもこれができるのはいたかどうか?というギミックが搭載されています。腿の部分ですが、ここにはビームサーベルが内蔵されており……。


20240223_191727_446

蓋を開け、後ろのレバーを動かすと、ビームサーベルの柄がスライドして出てきます。うわなんだこれ気持ちい!なんと合理的かつ効果的なギミック!


20240223_191308_974

スタンドは通常のもの以外に、強襲時を再現するための、MSにしては珍しい「飛行状態」を再現できるものもついています。この際、首がかなり上に上がると同時に、ヘルメットの後ろが上に展開し、可動の妨げにならないようにできます。

20240223_205641_807

そして切り札のチェーンマイン!ラックを展開、巻き付いた状態のチェーンマインを一つ一つ外します。


20240223_210110_876

チェーンマインのワイヤーは金属製なので、自在にポーズを付けられます。ただ投擲状態で飾るためには他のスタンドがいると思いますが、残念ながらそれは付属しません。いやしかし、残念なのはそのくらい。こんなに満足した玩具はそうそうないですよ。

20240223_191353_871

大出力のバーニアは、かなりの部分が引き出して展開できます。後ろから見ると大迫力!

正直「何故今頃、METAL BUILDでケンプファー?」とも思いましたが、遊ぶとそんな疑問は一蹴!これはホントに凄い!よくぞMETAL BUILDでケンプファーを出してくれました!という感謝に変わります。悲運の機体にして名機でしたが、この玩具はまさに傑作です。

【以下は関連商品をAmazonで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting_20240224084001

【初回限定特典付】
アクセル全開!!ブンブンジャー
爆上スタートセットwithブンブンスーパーカー

Nowprinting_20240224084001

SMP [SHOKUGAN MODELING PROJECT]
超電磁マシーン ボルテスV 

Nowprinting_20240224084001

SMP [SHOKUGAN MODELING PROJECT]
未来ロボ ダルタニアス

| | コメント (3)

2024/02/17

超次元プリンタ

20240214_173612_113

ブレイバーンじゃないよ!ハイパーガジェットだけど!

今までさんざん働いてくれたうちの3Dプリンタ(光造形式)ですが、先日ついに力尽きました。いくら違うデータを入稿しても、全く同じゴミを印刷するようになったのです。メーカーさんにお尋ねしたところ、どうも基盤そのものがイカレてしまったそうなので、現在は送っていただく基盤待ちです。

光造形プリンタは、自分の中で本当にエポックメイキング。本体の値段の30倍くらいは楽しませてもらいました。ドラゴンクエスト「蒼天のソウラ」に登場するえぐみマーク2作ったり、ドルセリオン作ったり、マシンハヤブサ作ったり、マイトガインの腕カバー作ったり、大人用オージャカリバー作ったり……。個人的に、こんな素晴らしい「玩具」はそうそうなかったですね。

そんな折、以前から興味があったFDM形式のプリンタのカタログが目に留まりました。FDMとは、液体レジンを光硬化させるタイプではなく、プラやABSのフィラメントを熱で溶かしてノズルから噴射、立体物を印刷させる形式です。簡単に言うと、ケーキ屋さんがチョコペンでクリームを一筆書きで描いていくようなもの、でしょうか。

はっ!タイミングよく、新しいパソコンを買うために貯金していた共済貯金が満期に!


20240211_153901_245

……というわけで、ついに導入してしまいました。2代目の3DプリンタはBambu Labという会社のP1Sという名前、光造形ではないFDM造形形式です。しかもAMS機器(後で説明します)搭載の上位機種!

まずは開封、そこで驚きました。何が凄いって、添付の初期設定説明書が日本語だよ!いやこういうのって大概、英語が中国語だったからね。やっと日本人にも普通にわかるようにしてくれたか……(安堵)。

本体と印刷原料のセッティングは非常に簡単、15分で使えるようになりますと書いてありますが、1時間かかりました(簡単?

20240211_163616_271_20240215225801

まずは説明書通りに、サンプル品を印刷してみます。この機種はこんな感じに、工程をカメラで見ることができます。


20240215_090841_000 

さらにWi-Fiで繋がっているので、PCでも外出中のスマホでも、アプリでリアルタイムに見られ、印刷完了報告をしてくれます。印刷途中でも、状態がおかしいようなら即座に一時停止、中断もできます。これは非常に、いやめちゃくちゃ便利。

20240214_070018_431

FDMの印刷は、熱したプレートに、1本のノズルが溶かしたフィラメントを噴きつけることで行います。ノズルを保持しているアームは、すごい勢いで左右にぎゅんぎゅん動き回り、薄い膜を1枚ずつ描いていきます。音は結構うるさく、たぶんこれが動いている部屋で昼寝とかはできないでしょう。印刷開始したばかりのころは、ほんとうに薄焼きのホットケーキか、もんじゃ焼きでも作っているかのようです。

20240211_165546_171

数分で、ほぼ単色の塊が完成。

なんか良く分からないものができましたが、どうやらスクレイパー(出来上がった印刷物を、プレートからはがすやつ)のホルダーのようです。まだ温度調整をしていないので仕上がりが雑ですが、このくらいなら実用の範囲でしょう。

そして特に何の設定もしていませんが、よく見ると、出来上がったもののロゴに色がついています。どういうことなのかは後述。

20240211_172020_586

では次に、自分で作ったデータを印刷にかけてみます。まずはSMP・ドライアスの胸パーツ。別に元のパーツに不満があったわけではなく、誤って踏みつぶしてしまったので、設計して3Dプリントしただけです。

20240215_222703_669

写真左(白)が光造形プリンタによる印刷物、レジン製です。右(緑)はFDM成形プリンタのもの、材質はPLA製です。

上の比較写真だと、一目しただけではあまりわからないかもしれませんが、レジン製(光造形)の方は全体が非常に滑らかです。それに反して、PLA製(FDM成形)のものは積層痕が目立ちます(もう1枚上の写真を参照)。これは造形方法と材質の仕様なので、ある程度仕方ないです。

一方でレジン製は重く、PLA製の数倍の重量があります。部品の1個2個ならともかく、ロボの全身などをオールレジン製で作る場合には、自重との戦いも考慮しないといけません。オールレジンのオールレンジ攻撃……うぷぷぷ。

また印刷時間ですが、レジン製はこのサイズで2時間弱くらいかかります。それに比べて、PLA製はわずか十数分で終了です。新型機種ということもありますが、この速度は圧倒的です。

そしてレジン製はこの後のケア(洗浄、2次硬化)が必須ですが、PLA製はそういったことはあまり必要ありません。サポート材を剥がすだけでも大丈夫です。

どちらがどう優れているかは、作るものによりますね。女性フィギュアなら滑らかなレジン製の方が適していますし、ガンプラの部品作りなら(積層面を削る必要はあるとして)PLA製の方が楽ちんです。

そしてFDMの印刷の細かさは、積層の厚さで決まるようです。先ほど印刷したのは積層が0.4mm。今度はこれを0.2mmにしてみましょう。印刷予想時間は当然ですが倍程度に伸びますが、その分細部は細かくなります。ついでにフィラメントも白(シルクタイプ)に替え、印刷をかけてみると……。

20240216_071001_823

なんだこれ!やたら綺麗でつやつやぷう!

よ~く見ると積層痕もありますが、非常に滑らかでむしろ美しいほどです。例えて言えば、先ほどの積層痕が「木目」なら、今回のは「絹糸で全身を包んだ」みたいな感じでしょうか。フィラメントの種類でも、仕上がりが全く異なるのですね。

ではもうちょっと、大きなものも試してみましょう。別のデータ、設計中だったマシンバッファローの形状テストモデル(本来の大きさの1/5くらい)を、FDMプリンタに印刷させます。デフォルトのフィラメント設定で印刷させると……。

20240212_153956_744

形はまだしも、あちこちに隙間が見えており、まるで蚕の繭のようです。これはちょっとがっかり。素材にするならともかく、このまま使うのは無理です。

この失敗は、調べてみるとどうもフィラメントとプレートの加熱温度が影響したようです。今は真冬、こちらはファンヒーターなしでは生きていけないような地域ですので、周りの気温にかなり左右されたのでしょう。FDM形式は温度管理が最重要とは聞きましたが、本当にその通りのようです。

そこで、それぞれの設定温度を5度だけ上げてみました。テストしてみると、今度は表面がきれいに繋がり、うまくいきそうです。ならばさらに踏み込んで、先ほどから話に出していたAMSも使ってみましょう。印刷中の状態は……。

20240214_173551_505

こんな感じです。おや?

プレートは一枚、印刷ノズルも1個のはずなのに、いろんな色の部品が載っています。しかも部品ごとに色が異なるのならまだしも、同じ1個の部品なのに、途中から色が変わっているものがあるのがおわかりでしょうか。

20240216_071048_61220240215_223935_172

それを組み立てたのがこちら。未塗装、研磨もしていない状態の、形状試作版マシンバッファローです。サイズは手のひらに乗るくらい。未塗装なのに、部品がちゃんと色分けされています(色がセブンイレブンカラーなのは、単にその色のフィラメントがプリンタに付属してきたからで、深い意味はありません)。雑ではあるけれど、ラインやマークが入っていますね。

これこそがAMS(オートマチック・マテリアル・システム)の真髄!驚異の「多色同時印刷」なのです!わかりやすく言えば、「ついにおうちで、『色プラ』が作れるようになった」のですよ!な、なんだってー!ジオン驚異のメカニズム!

20240211_153901_246_20240215231201

それを可能にしているのが、プリンタの上部に載せられた複数のフィラメント。これをAMSが制御し、プリンタの指示通りにフィラメントをとっかえひっかえすることで、多色同時印刷を可能にしているのです。
ノズルは1個なので、積層1層ごとに色替えの指定があるたび、すでにノズル内にある古いフィラメントを排出、新しい色のフィラメントに切り替えて、再度印刷を始めるという仕組みです。そのためフィラメント効率も悪く、時間も単色印刷に比べて数倍……ものによっては十数倍……かかります。

20240214_174951_221

また、切り替えるたびに排出されたごみフィラメントも、凄まじい勢いで溜まっていきます。(単色の場合にはこんなに出ない)なんだこれ勿体ない、再利用できないのか?と思ってしまうほど。まあプラモのランナーだと思えば腹も立たない……立つわ!

2024020031

そしてこの色分けは、付属のスライサーソフトだと結構めんどくさく、なかなか楽に、綺麗には塗分けできません。線が真っすぐ引けないんですよね。(そのために出来上がったものも、ラインがふらついている)なんかいいソフト使えばいいのかもしれないけど……。まだまだ試行錯誤が必要です。

20240215_223924_814_20240216070701

それでも、たった1度の成形で多色部品の印刷物ができてくるのは感動ものです。うちのはAMS4スロットなので、同時印刷は最高でも4色までですが、この機種は合計4台増設が可能、つまり最大16色同時発色印刷が可能だそうです。AMS16万円くらいするから、絶対やらんけど!

そういうわけで、また新しい扉が開いていく気がする冬の終わりでした。人類の英知に幸あれ!モノ作りは楽しいねぇ。

【以下は関連商品をアマゾンで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

2024020032

Bambu Lab P1S 3D プリンター, 筐体あり, AMS搭載、最大16色同時造形可, 速度 500mm/s, CoreXY構造

2024020034

Bambu Lab P1S 3D プリンター, 筐体あり, 16色造形可

Nowprinting_20240216073101

Bambu Lab 純正フィラメント, 1.75mm PLA 線径精度 +/- 0.03 mm, RFID付き

| | コメント (0)

2024/02/10

シン・ユニバース

20240130_181621_471

夢のユニオン!(違


20240130_180201_652

シン・ユニバースロボ。シン・ゴジラ、シン・ウルトラマン、シン・エヴァンゲリオン、シン・仮面ライダーのヒーローたち(?)が総登場!世界を超えたのか混ぜたのかサードインパクトでも起こしたのか、とにかくやっちまった凄い企画の製品です。


20240130_175855_196

ほぼ全身となるゴジラ。細い前脚とか、あのイヤな背びれやしっぽの先端とか、かなり雰囲気が出ています。眼はまだ第2形態じゃないのかと思うような虚ろな顔つきもたまりません。


20240130_175733_980

右肩と右足を構成するウルトラマン。スペシウム光線のエフェクトと、そのスタンドも付属します。


20240130_175831_456

左肩と左足になるエヴァンゲリオン初号機。こちらもATフィールドのエフェクトが付属しますが、真中から外れ、胸飾りと盾に分離します。


20240130_175917_929

最後は頭部になる仮面ライダー1号。正確には頭部に変形するのはサイクロン号で、1号は乗ってるだけですが、彼が事実上シン・ユニバースロボを動かしているみたいに見えます。


20240130_181142_343

合体準備状態。変形も組み合わせもシンプルなので、合体も簡単です。ゴジラの尻尾は展開して背中の羽根?になります。この写真だと、ゴジラが「わーい」ってしてるみたいでカワイイですね。


20240130_181715_981

完成!シン・ユニバースロボ!

胸の中央から、鳩時計みたいにゴジラが「こんにちは」してるのが笑えます。右手に持っているのは、ゴジラの背びれ部品とスペシウム光線を組み合わせたスペシウムソード。


20240130_181822_767

意外と関節はしっかりしていて、簡単にはばらけず、さほど可動に支障のある部分はありません。あんまり派手に動かすと、頭の1号ライダーが酔うか落っこちるかしそうですが。


20240130_181648_409

正面からだと「やめろこっち見るな」という悪夢のような造形。夢に出るわ。

シン・ユニバースの4大ヒーロー、1人(?)でもカッコいいのに、4人(?)合体したらもっとカッコいいに違いない!という発想で生まれた(かどうかは知らない)ロボですが!

リュウソウジャーの名セリフ
『俺には仲間がいる!俺達は5人集まったら、足し算じゃない!掛け算になるんだ!!』
『足し算だと「5」だが! 1を何回掛けても1だ!!』

をちょっと思い出してしまったり(酷

【以下は関連商品をAmazonで購入する場合のリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting_20240210075901

トランスフォーマー マスターピースGシリーズ MPG-07 トレインボットギンオウ

Nowprinting_20240210075901

トランスフォーマー トランスフォーマーレガシー TL-69 マグマトロン

| | コメント (2)

2024/02/04

超弩級戦艦

20240203_162654_927

美しき空へはばたけ!


20240203_151550_718

AMAKUNI機神・キングジェイダー。ホビージャパン通販限定の製品です。注文したのはもう1年半くらい前だったかな?宇宙の王者がようやく降臨しました。全高20数cmの巨体は、とにかくド迫力!かっこええ!


20240203_152034_190

フレームなどにふんだんに金属パーツが使用され、非常に重量感があります。そのためポーズを付けても安定し、丈夫なスタンドが付属しますが、なくてもほぼ問題ありません。


20240203_152709_722

指は1本ずつ全関節が動く上、それぞれ根元から水平方向にも曲げられます。右手のジェイクォースは鳥の翼のように全身を展開することもできます。


20240203_153624_835

また頭部にはLEDが搭載、スイッチで目と口内がピンク色に輝きます。キングジェイダーの咆哮はやっぱりこの色だよね。


20240203_152517_982

背部はバーニア部分も含めてすっきりまとまっており、スマートなラインになっています。また脚部のミサイルハッチは、前後ともに開閉できます。


20240203_151737_261

実にいい感じのパワフルボディを楽しんだ後、いよいよJアークに変形を始めます。原典通り、腕と頭部を分離させて再合体させますが……。


20240203_154500_546

Jバードにする際、頭部はそのまま取り付けるのではなく、写真のボリュームアップパーツに内蔵して合体させます。キングジェイダーの頭部のままだと(つけることもできますが)小さすぎて映像に近づかないためでしょう。もともとキングジェイダーの変形は、そのままだと無理がありますのでね。
がんばって完全変形版を作っちゃった人もいますが!


20240203_155313_296

話がずれたので、Jバードのディテールアップに戻します。手首を取り外してジョイントを収納すると、プロポーション重視形態の完成です。


20240203_155551_673

続いて胴体の方ですが、こちらは原典とかなり変形方法が変わっています。驚くほど胴体を伸ばして、各種装甲を展開するのです。背骨のようなフレームは金属製なので、変形前後もとても安定しています。またこのフレームは、キングジェイダーの時も可動域を広げるのに役立っています。

また背中にあったバーニアは、ぐるっと下部に回し、変形のために空いた胸の穴をカバーするようになっています。ここはとてもいいアレンジですね。


20240203_161011_197

Jキャリアーの完成。写真はちょっと胸が曲がっていますが、本当は綺麗に赤いラインが繋がります。また艦首はキングジェイダーのプロポーションに合わせているため、少々短めです。


20240203_161651_865

そのため、艦首と上部装甲にボリュームアップパーツを付けることで、Jキャリアーもバランスよくすることができます。上部装甲は、キングジェイダーの手首パーツを隠すためのものですね。


20240203_161753_929

Jアークの完成!
♪ 超弩級戦艦~ ♪ の曲が聞こえてきそうです。お前と共に戦う!


20240203_161808_561 20240203_161819_563

ド迫力のフォルム、これは文句なしの宇宙の王者ですね。後ろも細かいディテールやバーニアが綺麗に再現されています。


20240203_172029_147

なおJアークの機首パーツは、付けたままでもキングジェイダーにできます。肩の可動域(前に曲げる)が少し制限されますが、正直このままでも全く問題ありません。むしろ原典のDX玩具に近づいたフォルムなので、こっちの方が好きなくらいです。


20240204_110933_45720240204_111012_398

またJアークも、ボリュームアップパーツを使わず、純粋にそのままキングジェイダーになれるパーツだけで構成すると、こうなります。艦橋が見栄えがしないかと思ったのですが、全然そんなことはありません。元々、艦橋が異常にデカかったのがわかりますw

また手首パーツを隠していませんが、そもそも主力である指先からの5連メーザー砲がJアーク時に使えないのはもったいないし、この方が火力上がるはずですからノープロブレム。

20240204_111143_350

分離してJバード単体にしても、艦橋と全体のバランスはむしろこのくらいの方が良いくらいです。出たままの手首はちょっとどうかという気もしますが、こういう合体ロボは普通にいるしね。


20240203_162612_569

ただジェイダー自体は、もうバランス的に全く別物と割り切っているらしく、キングジェイダーの頭部に独立した別パーツの下半身を取り付けて再現されています。つまり製品的には「Jアーク」と「ジェイダー」が並び立っちゃうわけですねw まあご褒美みたいなものです。

というわけでこの製品は、キングジェイダーからJアークにするのであれば完璧!でかい!強い!凄いロボットだ!を心から堪能できるものだと思います。
まあ完全変形版を作っちゃった人もいますが!(何度でも言う)

【以下は関連商品をアマゾンで購入するためのリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

Nowprinting

超合金魂 勇者王ガオガイガー GX-109 超竜神

Nowprinting

超合金 ZOIDS新世紀/ZERO RZ-041ライガーゼロ

| | コメント (2)

2024/01/28

輝けダグオン

20240121_144856_125

溢れる勇気 手にしたいなら!


20240121_132135_106

METAMOR-FORCE・ファイヤーダグオン。「勇者指令ダグオン」の1号ロボがフルスペックで還ってきました。ファイヤージャンボ、レスキュー、ラダー、そしてストラトス(パトカー)のセットです。


20240121_132202_549

中核となるファイヤーストラトスは、非変形のものとは別に、実際にダグファイヤーに変形できるものも付属します。ダグファイヤーの全長は2㎝!よくこんなサイズに変形機構を詰めたものです。


20240121_141548_004

全車両を内部に搭載できます。原典のDX玩具とは少々異なり、翼を変形させたりしないと両脚部分には収納できません。またファイヤーストラトスを収納する際のタラップは省略されています。


20240121_132231_735 20240121_142035_153

しかしこのファイヤージャンボの存在感は圧巻、大型玩具で遊んでいた頃の童心が蘇ります。いや本放送の時、すでに童心なんか持ってる年代じゃなかったが!

それでは変形合体を開始しましょう。


20240121_142338_584

合体過程は原典とほぼ同じ、説明書を見なくても十分変形させられます。ファイヤージャンボの後部のみ、装甲を展開して機体を縮める機構があります。


20240121_142809_810

胸にダグファイヤーが立つと、心に燃えるものがありますね。頭部は原典だとどうしても、ダグファイヤーを格納する関係で前後に薄かったですが、METAMOR-FORCEはそんなことはありません。ちゃんとしたいいプロポーションです。

ファイヤーストラトスを胸に、右腕にラダーを、左腕にレスキューを取り付けて……。


20240121_144635_295

火炎合体・ファイヤーダグオン!

全く差替えパーツなしでこのカッコよさ、大満足の仕上がりです。肩の内側は両腕の白い部分を収納しているため、原典のDX玩具だとかなり隙間が目立ちましたが、METAMOR-FORCEでは肩と腕が別々に動き、見栄えも良くなっています。


20240121_144838_452

右腕から伸びるファイヤーソードは、見栄え重視の長いものと交換できます。これをシュッと下ろすのがカッコ良くてね。また手首は、指までフル可動のものとも取り替えられます。

20240121_145107_204

可動域も広く、足首関節は金属製なので安定しています。肩にはラチェットが入っていて保持力を挙げています。まぁ「この後」のためでしょうね。


20240121_150351_377

さらに、剣星人ライアンが変形したライオソードも付属。さすがに変形はしませんが、各部まで精密に塗装されています。


20240121_145724_728

肩関節の可動域が広いので、両手で上段に構えるポーズも安定しています。エンの掛け声が聞こえそう。


20240121_145424_900

また腰には謎(でもなんでもない)ジョイントがあり、ここにも何かつくんだろうなと思わせてくれます。すでにパワーダグオンと無限砲も予定されているので、クリスマススペシャルも可能なのでしょう。
無限大の未来を 描くそのために!

【以下は関連商品をAmazonで購入する場合のリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

2024010053

METAMOR-FORCE 勇者指令ダグオン ファイヤーダグオン

Nowprinting

METAMOR-FORCE 勇者指令ダグオン パワーダグオン

| | コメント (0)

2024/01/21

命の行方を照らすため

20240120_144251_671

光の明日を導け!

S.H.Figuarts ウルトラマンブレーザーと、同アースガロン。あの最終回を見てしまったら撮らざるを得ません。
この記事は「ウルトラマンブレーザー」のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意ください。


20240120_145714_406

まずはブレーザー。放映前はミステリアスな気高いウルトラマンという感じでしたが、実物を見たらウルトラ蛮族(ひどい)。全く予想していないキャラクターでしたね。
戦いの前にタイ式キックボクシングみたいな奉納の舞をする、あのための手首(?)も付属します。


20240120_145924_345

可動域はやたら広く、ワイルドかつダイナミックなブレーザーのアクションも十二分に再現できます。今気が付いたけど、ブレーザーってウルトラマンにしては珍しく、つま先が「靴」ではなく「足袋」なんですね。


20240120_145236_840

チルソナイトソードを抱えて「ありがたや」となんかに祈る、あれも様になります。チルソナイトソードは、中央のガラダマの部分が回転します。

ブレーザーはこれに加え、通常は光の槍・スパイラルパレードや、レインボー光輪などで戦っていました。ウルトラマンを代表する攻撃である、光線技は持っていないものと思われていましたが……。


2024010036

最終回にまさかの登場を果たした、ミサンガ光線(仮)にはびっくり!たぶんこの設計者の方もご存じなかったでしょうね。当然フィギュアーツには付属しないので、ウルトラマンZのプラモに付属するエフェクトを流用してみました。ブレーザーの構えは初代ウルトラマンのスペシウム光線とは、左右反対です。スペシュッシュラ光線ですな。


20240120_145322_106

アースガロンは、地球を守る特殊部隊「SKaRD」の切り札である特殊戦術機甲獣。中盤からAIも搭載され、会話が可能になったのも印象深いです。
フィギュアーツの方も良い出来ばえ、特に玩具では再現されなかった足首のシリンダーがちゃんとあるのは嬉しいところです。MOD2、MOD3の拡張パーツも欲しいところですね。

劇中では度々ブレーザーに助けてもらいながらも地球を守り抜き、特に最終回では悲劇を未然に防ぐ大殊勲を挙げました。


20240120_144507_365

半壊しながらもブレーザーに「ありがとう」と手を振るアーくん。


20240120_144222_912

ブレーザーは、名エピソードが連続する……っていうか、そうでない回ってあったっけ?くらいの珠玉の作品でした。ほんと毎週驚かされましたね。

最終回は、これもまた他のウルトラシリーズとは大きく異なり、普通に来年Part2が続いて始まってもおかしくない話でした。
「遠く続いてく 僕らの世界のために」をそのまま映像化したような。
眩い銀河のブレーザー!


【以下は関連商品をAmazonで購入する場合のリンクです】

【アフィリエイトを利用しています】

2024010041

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) S.H.フィギュアーツ ウルトラマンブレーザー

2024010040

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) S.H.フィギュアーツ 23式特殊戦術機甲獣 アースガロン

| | コメント (2)

2024/01/13

スーパーライブコンビネーション

20240105_234737_474

今こそ合体の時!って遅いよ!発売いつだっけ?


20240106_070929_424

ミニプラ・スーパーライブロボ。この子自体の発売はもう5年くらい前ですか。

太ももなど目立つ部分の合わせ目消しをし、墨入れをしてつや消しを吹いただけですが、映像のようなパワフルなシルエットに痺れます。


20240105_233503_425

3機のライブマシン・ジェットファルコン、ランドライオン、アクアドルフィン。変形に際してファルコンの脚は一度引き抜くくらい伸ばす必要があります。


20240106_071047_621

一応ライブシールドに取り付けることもできますが、ライオンのしっぽは余剰パーツです。まあこれは原典がそうだったからしょうがない。


20240108_084554_661

続いて大地を揺るがすバイソンライナーと、荒野を目指すサイファイヤー。この2台はプレミアムバンダイ限定で、しかも最初は発売に気づかなかったため、最近(といっても1年前)の再販まで待つこととなりました。

 


20240108_081036_105

合体してライブボクサーに。キックだパンチだ、ライブライブボクサー!と歌われていますが、この腕の短さではパンチが敵に届かないんじゃないかな……。「ボクサー」は「拳闘士」じゃなくって「ボックスの人」という意味ではないかと揶揄されていました。


20240108_080808_707

ミニプラなので、この体形でもある程度の可動範囲があります。膝は、内部に仕込まれているスーパーライブロボの拳を外せば、90度以上曲げることもできます。

また近接戦闘時にファイヤーミサイルは余剰となるのが悲しかったので、背部に穴をあけて取り付けられるようにしました。まあそれでもパンチは敵に届かな(削除


20240108_080910_728

この穴は、バイソンライナーの車両後部に来るため、普段も目立ちません。当時からこうしたかったのですが、さすがにDXに穴をあける勇気はなかったしね。


20240106_072039_014

そしてその2台のロボが……


20240106_073149_322

合体!スーパーライブコンビネーション!スーパーライブロボの完成です!

フォルム、バランスともに非常にいい感じ。この写真では脚部の車輪を畳んでいますが、それを起こすと、八の字立ちをしたときも足首が安定します。


20240106_073339_310

ファイヤーミサイルは腕に装備しておくのがデフォルト(?)です。これもちょっと使いづらい気がするので……。


20240106_073949_475

背部に装着してみたところ、フォルムとしては迫力あっていい感じになりました。なおこっちはゴムで留めてるだけです。さすがにジェットファルコンの目立つところに穴を開けるわけにはいかなかったので。なんかいい方法考えよう。


20240106_073022_989

さて、これができると欲しくなるのが、母艦・マシンバッファローです。今まで他の戦隊ロボ=ダイデンジンバイオロボ=は、プレミアムバンダイ限定とはいえ、母艦も一緒に作られてきました。しかしスーパーミニプラ黎明期のライブロボは、それがありません。たぶんこのままでは発売されることはないでしょう。

2024010030Photo_20240114081501

だったら……(続く)。(続かないかもしれない)

【以下は関連商品をAmazonで購入する場合のリンクです】
【アフィリエイトを利用しています】

2024010027

スーパーミニプラ 超獣合体 ライブロボ

2024010028

スーパーミニプラ 超獣合身 ライブロボ


SMP  ダイデンジン

| | コメント (3)

ちょっとしたご挨拶

いつも当ブログ「Gear-Gear」をご覧いただきありがとうございます。

(閉じるとかやめるとかいう話ではありませんので、大丈夫です)

今までここの運営は、私「Iron-Gear」が行っておりましたが、リアルが結構多忙になってきたため、運用を同じサークルの「G.G.」さんに引き継いでいただいております。

撮影や記事の作成などは、私も引き続き行いますので、やってることは今までとなんら変わりません。

今後ともよろしくお願いいたします。

              (Iron-Gear)

| | コメント (0)

2024/01/07

融合合体

20231228_143949_904

ダグオンじゃないよ。今回も倉庫案件です。


20231228_143425_880

トランスフォーマー ビーストウォーズのシリーズ、フューザーズ。写真はインジェクター、ミノカサゴとスズメバチの合成獣、嫌なもの二つくっつければ強いだろうというゲルショッカー並みの発想です。


20231228_143843_438

しかしその異形のデザインは、確かにインパクトは抜群!腹びれを引くと毒を持つ背びれが立ち上がります。ミノカサゴの顔から出てくる本来の顔がさらに醜悪なのが、実にいい味です。


20231228_144257_937

続いてトーカー。シャチとゾウの合成獣です。ゾウの牙はレバー操作で開閉、シャチの背びれは水鉄砲になっていて、潮吹きを再現できます。


20231228_144903_529

巨大なキバがいかにも暴虐の王みたいな存在のように見えますが、設定では威厳と知性を兼ね備えたマクシマルズ(正義側)の戦士だそうです。なお日本版ではワルモノ、ユニクロンの刺客として登場しました。


20231230_134155_616

毒々しいイグアナとトンボの合成獣、スカイシャドウ。変形はかなり複雑で、手順を間違えると戻すのも困難。


20231230_133657_259

また醜悪な顔が現れてロボモードに。意外とまとまっているバランスですね。口からミサイルを発射するギミックがあります。


20231230_133726_413

そして実は、両腕の虫とイグアナを合わせて頭が3つ(!)あります。その頭脳でメガトロンのカウンセラーをしてるそうです。


20231228_192732_928

サソリとコブラが融合したクイックストライク。サソリの毒の尾の部分がコブラの頭部とは、うまいこと考えたものです。


20231228_193534_981

もう完全に、仮面ライダーの怪人にこそふさわしいようなロボモードです。クリアパーツが非常に綺麗。


20231228_193333_282

腕を物凄く引き伸ばした変形の副産物で、第3のモード「ビラ星人」にもなれます(違


20240103_121940_810

水牛とコウモリのフューザーズ、ノクトロ。飛行と突進能力に長けているそうです。ビーストモードはモンハンかベルセルクで見たような気がしますね。


20240103_122447_429

もうどうにも「悪魔」という言葉がピッタリなデザインです。玩具的設定ではマクシマルズ(正義側)なんだけど!


20240103_124718_467

クロコダイルとカメのテラゲーター。もはや特撮怪獣のようなイカすビーストモードをしています。


20240103_124912_921

左腕は甲羅の盾、右腕には後ろ足がくっついた銃を構えるロボットモードに。なぜか右肩のワニの頭は上下反転しています。


20240103_125008_568

デザインは奇抜ですが、重装甲の盾で守りを固めて、遠距離から強烈な一撃!というのは理に適ってるんじゃないでしょうか。


20240106_152205_754

カマキリとトカゲのバズクロー。ゴジラの敵として出てきてもおかしくない異形の怪獣ぶりです。


20240106_151338_617

ロボモードは意外とカッコよく、設定ではプレダコンなのに物静かでストイックな奴だそうです。


20240106_151625_076

尻尾を盾に、鎌を武器にしたアタックモードも持っています。もちろん重すぎるので、右腕はスタンドなしでは下げたままですが。


20231223_143125_291

最後はシルバーボルト。オオカミとワシの力を備えています。尻尾を動かすと翼が羽ばたき、連動して翼端のミサイルを発射するギミックがあります。


20231223_143333_692

彼はビーストウォーズ(CG版)に出演しただけあり、他のフューザーズはゲテモノ見本市みたいなのに、神話的ですらある凛々しいキャラになっています。劇中では真面目が行き過ぎて笑いも取っていましたが……。


20231223_143802_249

今見るとデザインも独特、変形ギミックも面白く、なかなかいいシリーズでしたね。この後、さらに突き進み過ぎて異次元に行っちゃった感のある子たちもいますが、この頃のは純粋に遊んでいて楽しく思えます。

【以下は関連商品をAmazonで購入する場合のリンクです】

タカラトミー(TAKARA TOMY) トランスフォーマー トランスフォーマーレガシー TL-64 タイガーホーク 

タカラトミー(TAKARA TOMY) トランスフォーマー トランスフォーマーレガシー TL-66 オートボットチェイス 

| | コメント (2)

«50th Anniversary